〔PHOTO〕gettyimages
メディア・マスコミ

なぜ日本人はこれほどまでに天皇を「尊敬」しているのか

昭和は「無感情」が一番多かったが…

日本人の意識はどう変わったか

昨年8月の明仁天皇による「おことば」の発表以来、天皇制に関する関心は以前にも増して高まっている。とはいえ、天皇制が存在感を高めてきたのは、この10数年の一貫した傾向であると思われる。

それはNHKが5年ごとに行っている「日本人の意識」調査から、知ることができる。この調査は同じ質問、同じ方法で世論調査を行っており、まさに「日本人の意識」を定点観測的に理解できるデータである。

1973(昭和48)年に第1回の調査が行われ、直近では2013(平成25)年に、16歳以上の5400人に対して第9回目の調査が行われた(https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/social/pdf/140520.pdf)。

そのなかに、「あなたは天皇に対して、現在、どのような感じをもっていますか。リストの中から選んでください」という質問がある。

それに対する回答として、「尊敬の念をもっている(以下、「尊敬」)」「好感をもっている(以下、「好感」)」「特に何とも感じていない(以下、「無感情」)」「反感をもっている(以下、「反感」)」「その他」「わからない、無回答」という項目があり、回答者はこのなかから1つ回答を選択する。

調査結果の推移を見ると、1973年の第1回調査より昭和の時代(1988年の第4回まで)は一貫して、上位から「無感情」→「尊敬」→「好感」→「反感」の順であった。その数値を具体的に見てみると、「無感情」が43~47%、「尊敬」は約30%、「好感」は約20%、「反感」は常に2%といったものである。

1970~80年代、天皇制は「地盤沈下」の時期を迎えていた(渡辺治『戦後政治史の中の天皇制』青木書店、1990年)。日本社会は「政治の季節」から「経済の季節」へと転換しており、企業を中心とした社会が成立し、それに基づく経済問題が社会の中心的な関心にあった。

そうした状況のなかでは、天皇制の存在価値も低く、注目度もそれほど高くはなかったのである。1950~60年代は明仁皇太子や美智子皇太子妃の個人的人気(例えば、ミッチー・ブーム)などに支えられ、マスメディアでも多数の報道がなされたために人々の天皇制への関心は高かった。

しかし、それは長くは続かず「飽き」が生じ、天皇制は急速に人々の関心を失っていくのである(河西秀哉『明仁天皇と戦後日本』洋泉社新書、2016年)。

 

しかもこの時期、天皇の地位を「象徴」から「元首」にしようとする自由民主党の憲法改正の動きも、基本的にはなくなって象徴天皇制は定着する。こうして、政治上の中心的な関心からも天皇制はこぼれ落ちることとなった。

だからこそ、この時期の「日本人の意識」調査では「無感情」が最も多かったのである。人々は天皇制よりも、経済や消費などの活動に傾注していく。

この時期の調査で「無感情」に次いで「尊敬」が多いのは、象徴天皇制への意識というだけではなく、昭和天皇個人への人々の感情とも見ることができる。70~80代となった天皇は即位から50年ほどを経、その存在感が人々に認識されていたのではないか。

また昭和の時期も調査を経るにしたがって、次第に「尊敬」が減少している(33%→28%)。戦前から戦中の間に教育を受けた世代が次第に減少し、「象徴」としての天皇しか知らない若い世代が増加したことがその要因かと思われる。

そしてこうした層が「無感情」と答えたのではないだろうか。