Photo by GettyImages
ライフ 週刊現代 日本

祝・眞子さまご婚約!お相手の小室圭さんは「推定年収500万円」

共働きになられる可能性も?

ご婚約のお相手は、爽やかな好青年。ご両親と同じ「同窓生婚」に、日本中が沸いた。だが、ちょっと心配なことがある。生まれて初めて「一般人」になる眞子さまは、「おカネ」で苦労されないか――。

母ひとり子ひとり

「会見では、『時期が参りましたら』と繰り返していましたが、私は非常に好感を持ちました。当然、宮内庁から会見での受け答えについて周到な手ほどきがあったはずですが、それにしても、あの年齢であれば緊張して喋れなかったり、思わず動揺が見えてしまったりするもの。

それを、終始、慎重かつ配慮の行き届いた対応をされていて、眞子さまとご結婚されるに相応しい好青年だと思いました」

秋篠宮眞子さま(25歳)との婚約が「電撃発表」された小室圭さん(25歳)をこう讃えるのは、皇室ジャーナリストの久能靖氏だ。

久能氏が言うように、今回の婚約発表にあたって、宮内庁は入念な準備を重ねていたという。

宮内庁関係者が言う。

 

「昨年、『あの写真』が出て以降、庁内では報道に対する『警戒レベル』が格段に引き上げられました」

あの写真とは、昨年の10月『週刊女性』に掲載された、眞子さまと小室さんのツーショット写真のこと。

当時はまだ、身元の分からない「一般人」だったため、小室さんの顔にはモザイクがかけられていた。だが、おそろいの指輪とブレスレットを身につけ、電車の中で仲睦まじく話す様子からは、お二人が順調に愛を育まれていることが、ありありと窺われた。

「あの写真が出て以降、宮内庁は小室さんとも密に連携を取り、発表のタイミングより前に情報が漏れることのないよう、万全の対策を立ててきました。宮内庁の内部でも、婚約を知らされていた職員はごくわずか。

小室さんはフェイスブックやツイッターといったSNSはすべて削除し、細心の注意を払っていた」(前出・宮内庁関係者)

Photo by iStock

小室さんは、大学時代の「湘南江の島 海の王子」としての活動が注目されがちだが、テレビ朝日が運営するアナウンススクールにも通っていた時期がある。

小室さんの色々な事に積極的に挑戦する姿勢は、母・佳与さんによる教育の賜物だった。

小室さんが高校・大学時代にアルバイトをしていた横浜市内のレストランを経営していた男性が言う。

「佳与さんは、夫を早くに亡くし、ケーキ屋さんで働きながら、小室さんに一流の教育をつけたいと奔走されていた。圭くん自身もそんなお母さんを大事にしていてね、高校のときだったか、『お父さんもいないし、僕がお母さんを守っていくんだ』『僕がしっかりしなきゃいけない』と噛みしめるように言っていたのを覚えています」