ホノルルマラソン〔PHOTO〕gettyimages
スポーツプレミア

マラソンはいつから楽しいイベントになったのか

ホノルルに学ぶ競技の裾野の広げ方

たった10年で激変!

いつの頃からだろう。マラソンが楽しいイベントになったのは。

僕の記憶が正しければ、国内でそんな空気感を出したのは那覇マラソンが最初である。その後、東京マラソンがスタートしたことにより、一気に加速した。

つまりほんの10年ちょっと前までは「楽しいマラソン」というのは国内になかったということになる。真面目にやることは得意だけど、楽しくやることが苦手な日本人も、ようやくそんなことができるようになったと思うと嬉しい進歩だ。

国内における他のエンデュランス系参加型スポーツではどうだろう。

自転車も、10年前からサイクリングイベントが開催されはじめ、ロードレースと言われる自転車競技以外の、タイムを計測しないで楽しく走ることが目的のイベントが急速に増え始めた。たった10年で、国内では数え切れないほどの数になっている。

やはり日本における参加型スポーツを楽しむという文化が形成されてきたのは、この10年なのかもしれない。

 

僕の専門であるトライアスロンでは、まだなかなかその域に踏み込めていない。近いところでは立川の国営昭和記念公園での大会が、場所柄もありハードルの低い大会として30年近く前から開催されている。

そもそもこの大会は30年前から開催されているレディース大会に付帯してできたもので、そう考えると今から30年前に女性だけの大会を作った当時の担当者の斬新な発想には敬意を表する。

しかし、その後はこれに類した大会はなかなか生まれず、厚木基地で開催されていた「日米親善トライアスロン」、奄美大島で開催されていた「奄美レディース大会」くらいであろうか。

もっとも奄美大会は楽しむ要素というより、競技性が高い。日米親善もかなり前になくなってしまっている。やはりそれに追随するイベントは地方で小規模なものが少しある程度。これが「トライアスロンはハードルが高い」と言われる要因になっていた。

分岐点にいるトライアスロン

そんな中で10年前から「ホノルルトライアスロン」が始まった。もともとホノルルで開催されていた大会を、日本人にも参加しやすいようにリメイクしたものだ。

「マラソン界のホノルルマラソンのような存在、誰にでも楽しく、『あそこなら出たい』と思われるような大会を作りたい」という発想から作られている。