格差・貧困 ライフ
最強の収入「裏っ引き」 月3回出勤で200万円稼ぐ夜のオネエサン
オンナの収支報告書【20】
鈴木 涼美 プロフィール

売り上げをあげる子と貢ぎ物をされる子は才能が別

多い時は、ランチライムに1人、夕方に1人、深夜に1人と男性に会い、もらう金額によっては1日30万円ほどの収入になり、高級ソープ嬢が1日フルに接客した場合をも凌駕する。

photo by iStock

「もちろん、向こうにドタキャンされたこともあるし、月に200万円で付き合おうって言ってきたデリヘルの客に騙されて1回うっかり無料でホテルに付き合っちゃって後で200万円振り込むって言われてそれっきり連絡取れないとか、取りっぱぐれも2回くらい経験した。

その時は本当に悔しいしマジで死にたくなるけど、でもデリに出勤したところで別に安定して稼げるわけじゃない。5時間待機で電話ならなかった日なんてタクシー代でマイナスだし、時間も無駄になる。

その点、信頼できる人と付き合ってると、今日会えるってなったら最低いくら入ってくるかわかるわけだから気が楽。地方の人と、キャバで出会った人は喫煙者だからこっちもホテルでタバコ吸えるし、いい人だし、本当に会えてよかった」

根っからの接客好きや店の安心安全を愛するソープ嬢など風俗店勤務を好む女の子もいるが、風俗で働こうと決意したところで、高額のバックが出る店で働けるスペックのある女の子は限られているし、努力なしで安定して客がつくわけでもない。

新人期間が過ぎたら、その日に収入があるかすらわからず不安を抱えて出勤する女の子もいる。

 

個人でお小遣い目当てにデートやセックスをすることにはもちろん、後ろ盾となる店がないという最大のリスクが伴うが、その代わりに、別に高級店で働けるスペックがなく、風俗店で人気嬢となる自身がない子であっても、風俗店よりも高額なお金を自分で設定して稼げる夢もある。

よく、キャバクラのマネージャーなどに話を聞くと、「真面目に同伴して出勤して売り上げあげている子と、気まぐれアフターばかりして高額のタクシー代を稼いでいる子や、高額の時計やバッグなど異様に貢物をされる女の子は別。違う才能」という話を聞く。

ナンバーワンを張れるほど真面目でも高スペックでもない女の子の才能の発揮場所があるというのは、夜の世界の緩みでもあるが豊かさでもある、と私は思っている。

※バックナンバーはこちら http://gendai.ismedia.jp/list/author/suzumisuzuki

「十分満たされているのに、全然満たされていない」引き裂かれた欲望を抱え、「キラキラ」を探して生きる現代の女子たちを、鮮やかに描く。