井上尚弥選手(右)〔PHOTO〕gettyimages
ボクシング
だから、ボクシング「世界タイトル戦」の重みは失われた
ファンのためのマッチメイクを!

失われた世界戦の重み

「世界タイトルマッチ」という言葉の重みが、いつの間にか失われてしまった。

1970年代から80年代、輪島功一、ガッツ石松、具志堅用高、渡辺二郎らの世界タイトルがかかった試合は必ずゴールデンタイムにテレビで生中継されていた。だから翌日には職場でも学校でも、その試合が話題の中心だった。

ボクシングの世界タイトルマッチは日本国民にとって特別なスポーツイベントだったのである。

だが、現在は、そうではない。

世界王者を認定する団体が乱立、そのために日本人世界チャンピオンの数も急増した。

かつては世界チャンピオンの名は日本中に知られていたが、現在は、そうではない。9人いる現役世界チャンピオンの名前をすべて言える人が、どれだけいるだろうか。世界戦だからといって地上波でテレビ中継されるとは限らない時代なのだ。

 

日本王者が海外からやって来る外国人チャレンジャーを迎え討つ。この図式に、観る者はスッカリ慣れてしまい、かつてのようなワクワク感を抱けなくなってしまった。その現状をボクシング関係者は直視すべきである。

このあたりで、日本のボクシング界には、起爆剤が必要とされているのではないだろうか。それは、世界タイトルマッチの枠を超えた、観る者が大いに感情移入できる闘い……そう珠玉の日本人対決である。

ズバリ言えば、観たいのは井上尚弥(WBO世界スーパーフライ級王者=大橋)と井岡一翔(WBA世界フライ級王者=井岡)の一騎討ちだ。

井岡一翔井岡一翔選手〔PHOTO〕gettyimages

ファンのためのマッチメイクを!

井岡は、4月23日、大阪でノクノイ・シップラサート(タイ)に判定勝ちし5度目の王座防衛に成功。すでに世界3階級を制覇しており世界戦通算勝利数は14、これは具志堅に並ぶ日本記録である。

実績は十分、高度なテクニックも誇る。しかし、井岡はその実力に伴った評価を得ていない。それは試合のインパクトが強くないせいだろう。ノクノイ戦でも倒すことよりも勝利することを優先し、試合を運んだ。

私は、それは否定されるべきことではないと思うのだが、多くのファンから「燃えない井岡」とのレッテルを貼られてしまった。

一方の井上は勢いに乗っている。

プロとしてのキャリアは12戦と浅いが世界2階級を制覇。世界戦7戦全勝、その内、6試合でKO勝利を収めている。