野球 スポーツプレミア

阪神・広島戦 9点差の大逆転劇はなぜ起きたのか

5月5日、筒香嘉智(横浜DeNA)が放った、今季横浜スタジアムでの第1号ホームランは、飛距離116メートル、打球射角35度、最高到達点33メートルだったそうだ。今季から球団が公表を開始した、「トラッキングシステム」のデータによるという。
 
ははあ、そういう時代になりましたか。NHKのメジャーリーグ中継では、一塁に走者が出ると、一塁ベース付近の画面に3.08とか3.20なんて表示が出たりする。走者の離塁の距離だそうです。
 
投手のボールについても、球速だけではなく、回転数までが表示される。
世のデジタル化は、あらゆる社会現象に加速度的にくまなく浸透するのだなあ。当然、ベースボールにも。アナログおじさんとしては、もう少しゆったり(いい加減に?)過ごしたいと思ってみても、世間様が許してくれません(笑)。
 
といいつつ、そういう科学的に厳密なアプローチでは、おそらくとうてい解明できない試合があった。試合というより事件と言ってもいい。
 
5月6日の阪神―広島戦。この試合、広島は4回までに9-0と大量リードを奪う。誰が見ても、一方的な試合になるはずだった。ところがなんと終わってみたら、9-12と大逆転負けを喫したのである。

コントロール不能な先発投手陣

一体、何が起きたのか。

広島の先発投手は2年目の岡田明丈。野村祐輔と並ぶ今季のエース格で、150キロを超えるストレートと、鋭いカットボールを武器とする。今季は二ケタ勝利が期待されている。5回裏に1点失って(本当はこのあたりから雲行きが怪しいのだが)、9-1で6回裏を迎える。
 
まず、起きたことを順に書きますね。

この回先頭の髙山俊に四球。北條史也の二塁打で無死二、三塁。糸井嘉男セカンドゴロで9-2。1死三塁。

代打エリック・キャンベル三振。この場面で、6回裏2死三塁、9-2である。常識では勝負はついている。
 
中谷将大、死球。2死一、三塁。鳥谷敬、一、二塁間への大きくはずむゴロ。一塁手堂林翔太が飛びつくも、グラブの先に当たって打球はセカンド方向へ。1点入って9-3。2死1、2塁。打ちとってはいるが飛んだコースがよかった。
 
糸原健斗、ストレートの四球。2死満塁となった。梅野隆太郎、2-2からのフォークを捕手石原慶幸が後逸して1点追加。9-4。結局四球で再び2死満塁。
 
ここで投手交代。2番手は中田廉だ。


原口文仁、押し出し四球。9-5。気がつけば、満塁ホームランで同点のシーンになっていた。髙山、ライトオーバーの3点タイムリー三塁打。9-8。
 
このあとは、リリーフ薮田和樹が抑えたが、もはや勢いが違う。7回以降、広島はあっさり大逆転されたのでした。
 
たとえば中谷への死球だが、ストレートが右打者のインハイに大きく抜けている。狙ったインハイではなく、ボールがコントロールできなくなっている感じ。あるいは糸原の四球の4球目。ストレートが外角低めにはずれているのだが、球速表示は141キロ。岡田は、なぜか力が入らない感じになっている。
 
もう一つ、このあとの伏線として、石原の後逸も覚えておいてほしい。
 
その前に言っておきたいことがある。この試合の4回まで、阪神は弱いチームだった。

4回表には、1死二塁で、丸佳浩の平凡な一塁へのゴロを一塁手・中谷がお手玉している。「おそまつ!」と思わずやじりたくなる。当たりは多少強かったし、ベース付近ですこし打球がはねたとは思う。でも、これで一、三塁になったばっかりに、続く鈴木誠也のタイムリーで5点目を献上しているのだ。
 
きわめつきは5回表。1死一、三塁で安部友裕はライトへタイムリー。このあと、ライトの山なりの返球をセカンドが取れず、球は転々、マウンド付近へ。やらずもがなの点を献上して、この時点で8-0となった。

 

こういうプレーが出るのは弱いチームでしょう。真に強いプロ野球のチームなら、ふたつともありえない。

しかし、髙山のタイムリー三塁打が出た時点で、チームはいっきょに世紀の大逆転をする強いチームに変わったのである。こうなると、おそまつなプレーも出なくなる。科学的な根拠はないが、そういうものだ。
 
ここで、話は前日に戻る。5月5日、阪神―広島3連戦の初戦は、ランディ・メッセンジャー対ルーキー加藤拓也の先発で始まった。
 
ちなみにメッセンジャーは3、4月を4勝0敗で月間MVPに輝いている。この日も調子はよさそうで、これは1点取るのも苦労するな、という立ち上がりだった。
 
ところが、広島打線が打ってみせるのである。ブラッド・エルドレッドの2発や売り出し中の西川龍馬のタイムリーで、なんと4回までに4-0とリード。これは、カープの強さは本物だな、と思い知らされるような展開だった。メッセンジャーも阪神ベンチもそう感じていたのではあるまいか。ここまでは、広島が盤石の強いチームで、阪神はメッセンジャーでも勝てないのか、という展開である。