Photo by iStock
エンタメ ライフ 週刊現代

本物の刑事たちが教える、今クール見るべき「刑事ドラマ」

小さな巨人、捜査一課長、CRISIS…

今クールの連ドラの半数近くは警察モノ。しかもそれらが平均視聴率ベスト5を占める。各局がしのぎを削る刑事ドラマを、プロたちはどんな目で見ているのか。現職・OBの本物の刑事たちに聞いた。

天海祐希はリアル

元警視庁警視で刑事部捜査二課管理官を務めた萩生田勝氏が言う。

「天海祐希さん主演の『緊急取調室』(テレ朝系)は、人物設定が現実に近い印象を受けました。天海さんと同僚の会話や、取り調べの相手に対する物言いもリアリティがあります。

実際にはドラマに登場する緊急事案対応取調班のような取り調べ専門の刑事はいませんが、それを抜きにしても、とても感心して見ています」

同作は天海らが演じる凄腕取調官が、密室で被疑者と繰り広げる心理戦が見どころ。第1話では、被疑者役として女優・三田佳子が出演し、天海と大迫力の掛け合いを行う。

決定的な証拠を突きつけて取調官は言う。

天海「もう逃げられませんよ、すべて話していただきます」

三田「取り調べですべてをいわせようなんて厚かましい! わたしにだって自分の気持ちなんてすべてわからないんだから」

天海「自分でも気付かなかった気持ちや目を背けていたことを話していただくのが我々の仕事です」

天海祐希Photo by GettyImages

実際のプロたちも唸らされている。

元大阪府警生活安全課刑事の高橋功一氏が言う。

「捜査の前段を分離して、取り調べから入るというのは、捜査員に先入観を植え込まないという点で、面白い。通常は被害者や関係者から話を聞き、『絶対に許さない』という気持ちで捜査にあたりますが、被疑者の供述から事件を明らかにしていく展開は斬新ですね」

元埼玉県警警部で、現在は民間警護会社「セーフティ・プロ」代表・佐々木保博氏も評価する。

「冤罪を防ぐために取り調べの可視化が義務付けられようとしている流れの中で、今後は専門的な取調官が必要になってくるでしょう。その意味では、時代に先駆けたドラマだと思います。

登場する取調官は、みなそれぞれ個性があって、独特の落とし方を持っている。現職の警察官も参考にしたほうがいい部分があります」

 

佐々木氏が言う通り、脇を固める俳優の顔ぶれは多士済々だ。

「優しそうに見えてスキがあったら食らいつく小日向文世、ガンガン強気でいくでんでん、情に訴える大杉漣。いかにもいそうなベテラン刑事の雰囲気がよく出ています」(元警視庁暴力団担当刑事)

天海が演じる女性取調官も魅力的だという。

「天海さんは実際に警察で取り調べをしたとしても、上手に話を聞き出せるかもしれない。私の経験で言えば、ネチネチやるんじゃなく、さっぱりとしている女性が取り調べに向いている。実際の女性刑事とダブって見えますね」(前出・萩生田氏)