〔PHOTO〕gettyimages
国際・外交 日本 中国

中国のナンバーツーが、いまさら日本にラブコールを送りだした理由

来日に向けた準備が水面下で進んでいる

公式にはまだ何も発表されていないが、今、日中外交当局者の間で、李克強首相の日本訪問の準備が着々と進められている。

2013年3月に発足した中国の現政権のトップ習近平出席、ナンバー2李克強首相ともに、いまだ来日していない。早ければこの5月中にも李克強首相の訪日が実現する見通しであり、そうなればこの4年余りすっかり冷え込んでいた日中関係が、一気に視界良好になってくる。

李克強首相が担う大役

しかしなぜ、この時期に突然訪日するのか? それは、俗な言い方をすれば、「得点稼ぎ」のためである。

李克強首相がいま置かれている立場を、改めて整理してみよう。

2013年3月に首相に就任した李氏は、来年3月に5年の任期を迎える。法規上は1回限りの再選が認められているから、もう一期、すなわち2023年3月までは首相の座にいられる。

ところが、上司である習近平主席は、李克強首相のことが気に食わない(これについては、筆者は何度も書いてきた)。そもそも、両者は、ポスト胡錦濤をめぐって長年の間、凌ぎを削ってきたライバル関係にあるので、そりが合わないのである。

 

習近平主席は、習仲勲元副首相の息子で、北京生まれ。典型的な太子党の出身である。それに対し、李克強首相は安徽省の貧農の出で、苦学の末に北京大学法学部に入学した秀才である。

だから習近平主席からすれば、李克強首相は青臭いインテリに映る。一方、李首相からすれば習近平主席は、権力闘争ばかりに明け暮れる時代遅れで経済音痴の指導者に見える。つまり両者は、水と油なのである。

2013年3月の時点では、中南海の権力闘争の結果として仕方なく両者は呉越同舟となった。しかし、 習近平主席の本心としては、今年後半に開く第19回共産党大会で李克強首相を更迭し、全国人民代表大会常務委員長(国会議長)の閑職に移し替えたい。そして意中の王岐山常務委員(共産党序列6位)を首相に抜擢したいと思っている。

実は5年前にも同じことをしたかったのだが、前述の理由で叶わなかったのである

〔PHOTO〕gettyimages

だが、李克強首相としては、党大会までは一縷の望みを持って、再選に向けて全力を尽くしたい。そのためには、習近平主席に対抗するのでなく、絶対忠誠を誓うのが最善の道だろう。というわけで、今回の来日となるのである。

5月14日、15日には習主席にとって今年最大の外交イベント「一帯一路国際フォーラム」を北京で開く。一帯一路とは、シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロードという陸上および海上で中国とヨーロッパを結ぶという壮大な試みである。

すでにロシアのプーチン大統領以下28ヵ国の首脳が参加する予定だが、安倍首相は参加を表明していない。そもそも中国の一帯一路構想には、周辺国をはじめとする69ヵ国が含まれているが、日本は除外されているのだ。

そこで、日本にもこの一帯一路に加わってもらおうという大役を担って李克強首相が来日するわけである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら