Photo by GettyImages
ライフ 週刊現代 日本
京都人が「よそさんに教えない」とっておきの見所、食べ所、遊び場所
いけずな街の魅力をご紹介

ジェフ氏は言う。「住みつく人には冷たいけど、京都人は学生と外国人には何でも教えてくれる」。二人合わせて在京歴70年。いけずな街の魅力を知る二人の観光大使が、京都の街と人を大いに語る。

まずは歩いて回りたい

ジェフ 京都は「歩く町」です。八坂神社から松尾大社まで、京都市街を東西に貫く四条通は約8キロ、南北に走る地下鉄烏丸線が約14キロ。広すぎず、歩きたい人にはちょうどいいですよね。

ランディー そうそう、西へ東へと自由気ままに歩いても迷うことがありません。

ジェフ 町が碁盤の目になっているので、まっすぐ歩けば必ず大通りに出られますからね。そしてちょっと細い道に入ると風情ある建物や店があったりして、何かしら発見がある。「えっ! こんなところに爪楊枝専門店?」って。

ランディー だから、雑誌やガイドブックによくある「おすすめコース」をそのまま辿る人はすごくもったいないと思うんですよね。

ジェフ 例えば、京都に住んでいるほとんどの人は、京都タワーに上ったことないと思う。

ランディー 私は京都で一番有名な清水寺にも一度も行ったことないよ。京都で清水寺に行く人って近くに住んでる人、店がある人くらいじゃないの?

ジェフ 京都には17の世界文化遺産があります。そのうち、歩いて巡りやすいのが仁和寺と龍安寺、そして金閣寺。メインの通りはいつも観光客でいっぱいですが、少し裏に入るとがらりと変わる。

 

特に仁和寺の裏山はいいですよ。御室八十八ヶ所霊場と呼ばれる、四国八十八ヶ所全霊場のお砂を持ち帰って地中に埋め、お堂を立てた巡拝コースがある。

ランディー 実際に四国を巡礼したのと同じご利益があるというスポットですね。四国を歩くと何十日もかかるけれど、ここなら2時間くらいで回れてしまう。

ジェフ 運動にもなるし、京都市街を一望できる場所もある穴場です。山で世界遺産といえば、鳥獣戯画で有名な髙山寺も素敵です。

紅葉の時期は人が押し寄せますが、新緑の季節は恐らく世界遺産の中でももっとも人が少ない。青いもみじに陽が注ぐ様もまた美しいものです。

市街の外れにあるので電車とバスを使って行くことになりますが、こういう場所こそひとつ前で降りて歩いたりしますね。

ランディー 私も同じです。住宅街にも明治期に建てられたような古い家屋があって、一本の桜の木が咲いているような風景に出会える。桜の名所もたくさんありますが、それとは違う感動があるんです。

平安神宮Photo by GettyImages

無名の庭がいい

ジェフ 住宅街なら鍾馗さん探しもおもしろいですよね。鍾馗さんは中国の魔除け・火除けの神様なんですが、家を守るということで京都の民家の屋根によく置かれているんです。時代や作り手によって違うので、いろいろな鍾馗さんがいる。それらを見比べるのもひとつの楽しみです。

ランディー 鍾馗さん探しのようにテーマを決めて歩くのはいいですね。私が初めて京都にきたのは30年以上前のゴールデンウィーク。毎年、京都市武道センター内の旧武徳殿で催される「全日本剣道演武大会」に出るためでした。来日して最初の3年は長野で武道に励んでいて、日本最古の演武場である旧武徳殿は憧れの場所でした。

ジェフ 旧武徳殿は平安神宮に隣接しています。平安神宮に参拝する人は多いけれど、庭園をゆっくり眺める人は少ない。吉田山を借景にした素晴らしい景観が広がっているのに……。

ランディー 日本の庭園は欧州のような華やかさはなく、草木と石、水だけなのに壮大な世界観を生み出している。特に緑は自然を代表する色。お茶を飲むと落ち着くように、日本の庭も心を鎮めてくれます。京都には有名でなくても良い庭がたくさんあります。

ジェフ 禅宗寺院に多い塔頭の庭は穴場かもしれません。寺は本堂や塔といった中心伽藍ばかりに目が行きがちですが周辺にも見所が多い。僕は建仁寺塔頭の両足院が好きです。枯山水に池泉回遊式と複数の庭園があって、初夏は半夏生の葉が美しい。

ランディー 以前、私も両足院でお茶会をやりました。私は茶道に縁が深い大徳寺によく行きますが、塔頭の大慈院で営業する「泉仙」は庭で精進料理を食べることができていいですよ。

ジェフ そうそう、食べ歩きも大事な旅のテーマですよね。城南宮のそばにある京料理「清和荘」も庭園を眺めながら、伏見の名水を使った滋味豊かな料理を堪能できます。

ランディー 京料理や精進料理はもちろんのこと、いろいろなジャンルの名店が揃っているのも京都の魅力。私は今出川にあるタイ料理「イーサン」に一番通っています。イーサンとはタイ北東部のことで、本場の郷土料理が食べられる。特に炒めた肉をハーブと混ぜたラープともち米の組み合わせは最高です。