photo by iStock
格差・貧困 不正・事件・犯罪

赤子虐待の様子を「チェキ」で撮影し、殺害した17歳鬼畜風俗嬢

しかし関係者全員、無罪放免…

渋谷の道玄坂の通称「風俗ビル」で、生後3ヵ月の赤ちゃんが遺体となって見つかった。

2013年の11月1日のことである。

この赤ちゃんを死へと追いやったのは、風俗業界で働く3人の10代の女たちだ。だが、その3人は誰ひとりとして赤ちゃんの死の責任を問われなかった。

私は児童虐待事件を追った『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』で、「親になり切れない親」について描いてきた。

このような親は、かなりいると考えられる。虐待報告件数は年間10万件を超えていて、日本小児科学会の推計では約1日1人の子供が虐待で命を落としているとされていることからも、その深刻さはわかるだろう。

今回の事件を例に、「親になりきれない親」が事件を起こすまでの経緯を書きたい。(事件の内容は、『「鬼畜」の家』ならびに『新潮45』2017年5月号が詳しい)

 

梅毒に感染したまま出産

その赤ちゃんの母親は、保奈美(仮名、事件当時19歳)といった。長野県の生まれで、塾の教師である父親と、元銀行員の母親との間に生まれた長女だ。

保奈美は幼い頃から両親に厳しく育てられてきた。母親の家族が銀行や県庁に勤めていたこともあり、同じような道に進んでほしかったのだろう。小学校時代には様々な習い事をさせられたという。

だが、保奈美はそうした親の大きな期待に応えることができなかった。中学まではブラスバンドでがんばっていたが、高校に上がってからは不良仲間とつるむようになり、度々両親ともぶつかった。そして高校を卒業後は、家出をして東京へ出て水商売をはじめる。

保奈美の妊娠がわかったのは、1年後のことだ。結婚するつもりもなく、かといって育てるつもりもない。どうしようか悩んでいるうちに臨月にさしかかり、中絶することもできなくなった。

photo by iStock

追い詰められた彼女は子供を産んで特別養子に出すことに決め、特別養子縁組の支援団体Babyぽけっとに連絡。そのまま茨城県土浦市にある同団体の寮へ入った。病院の検査で彼女は梅毒に感染していることがわかったが、治療する時間もなく、そのまま出産することになった。

病院でお産を終え、生まれたのは娘の唯乃ちゃんだった。同団体の代表の岡田卓子は特別養子縁組に必要な書類を用意し、保奈美に署名をさせた。だが、2枚目にさしかかった時、彼女はぴたりとペンを握る手を止めた。様子がおかしい。

「どうしたの? 赤ちゃんを育てたいの?」と岡田は尋ねた。

保奈美はうなずいた。赤ちゃんを産んで顔を見た途端に母性本能が芽生え、育てたいと考え直す女性はいる。岡田は、実家に帰ってきちんと家族のサポートを受けながら育児をするという約束をした上で、保奈美が唯乃ちゃんを育てることを認めた。