photo by gettyimages
政局

「菅義偉」と「菅直人」危機管理能力の決定的差異はここにあった

今村復興大臣更迭の全舞台裏

首相・安倍晋三は、東日本大震災に関し「東北で良かった」と発言した今村雅弘を即刻、更迭した。幹事長・二階俊博は「いきなりですよ、いきなり」と言って不満たらたら。しかし、発言からわずか4時間で後任決定までいたったスピーディな危機管理に、長期政権を維持する秘訣が隠されている。

発言から1時間後に更迭決断

今村は、ホテルニューオータニで開かれた二階派のパーティーで講演し、「これはまだ東北で、あっちの方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると、甚大な被害があったと思う」と発言した。これが4月25日午後5時20分ごろだった。

この時間、首相官邸では、安倍や官房長官・菅義偉も出席して経済財政諮問会議が開かれていた。諮問会議は午後5時18分から同6時7分まで開かれ、安倍や菅はこの会議の終了直後に、今村発言を知った。菅の元に、首席首相秘書官・今井尚哉から「至急、総理と会いたい」との連絡が入った。

安倍、菅、今井による協議が始まったのは午後6時10分ごろ。安倍は二階派パーティー出席のため、同6時31分に官邸を離れている。この約20分の協議で、今村の更迭と、後任に吉野正芳を充てることが決まった。

安倍ら三人はすぐに「これは持たない」との認識で一致した。この共通認識に立って、安倍が予定通りこのパーティーに出席するかどうか、出席した場合、どんな発言をするべきか、が話し合われ、安倍が出席し、謝るという結論に達した。

そして午後6時40分ごろ、登壇した安倍はあいさつの冒頭、次のように語った。

「東北の方々を傷付ける極めて不適切な発言があった。総理大臣として、まずもってお詫びさせていただきたい」

安倍に先立ち、あいさつした二階は今村の失言にまったく触れなかった。二階は今村の講演を聞いていたのに、失言に気付いていなかった。今村の発言を問題になると感じるかどうかは、政治家としての判断力、世論に対する感度の分水嶺と言える。

 

一方、今村本人は午後6時すぎ、記者団の前に現れ、発言の真意を説明した。途中、秘書官からメモを見せられると、慌てて謝罪し、発言を撤回した。

このメモについて、官邸からの指示という見方がある。しかし、この段階で官邸はまだ方針を決めていない。講演会場にいた党役員か、秘書官自身が今村に忠告したとみられる。
今村の釈明を聞いて、菅が動いた。菅は午後7時ごろ、今村に電話し、こう叱責した。

「はっきりと謝ってください。あんな謝り方では全然ダメです」

これを受けて、今村は午後7時20分ごろ、2度目のぶら下がりインタビューを行い、こう語った。

「先ほどの講演の中で私の大変不適切な発言、表現といったものにつきまして、深く反省し、皆様方におわびを申し上げます。申し訳ありませんでした」

ただ、今村は辞任の可能性を聞かれると、「いや、そこまでまだ及んでおりません」と否定した。この時間も辞任の意思を固めていなかった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら