エンタメ

【2017年版】おすすめ「少女マンガ」ランキングトップ100

男にこそ読んで欲しい!

「少女マンガ」とは女性だけのものなのか…? 熱血バトルに歴史モノ、社会批評……とその範囲は「恋愛」に留まりません。女性がときめく「胸キュン」だけが「少女マンガ」の魅力ではないはず!

そこで今回は、男性が読んでおもしろい作品を現代ビジネス編集部が厳選し、ランキング形式でご紹介します。(ランキングは随時追記・更新していきます)

1位『ちはやふる』(末次由紀)

ちはやふる

2016には広瀬すずちゃん主演で映画化された超人気作品。競技かるたをこの作品で知った人も多いのではないでしょうか?

少女マンガとは思えないアツさがとにかく魅力!!呼吸ひとつの差で勝負が決まる世界にかけた高校生たちの青春、それぞれの切実な思いに涙が止まりません。

そんな「ちはやふる」の1巻にかけられた帯のコピーは「その札は、きみがくれた情熱」。ひたむきな青春、読んで後悔させません!

2位『君に届け』(椎名軽穂)

君に届け

こんな高校時代を送りたかった……!!と思うぐらいにキラキラした友情と恋模様を描いた青春王道ラブストーリー。

爽子と風早の恋はもちろん、爽子の親友・あやねやちづの恋模様、友情、風早のことを好きな美少女・くるみなど、すべてのキャラクターたちの心の動きに涙腺を刺激されます……! 毎巻毎巻ときめきとキラキラをもらってます。

3位『のだめカンタービレ』(二ノ宮知子)

のだめカンタービレ

大学のオーケストラを舞台に繰り広げられる、ラブあり、笑いありの大ヒットクラシック群像劇。

ピアノは魅力的だがぐうたらなのだめ、イケメンで才能もあるが性格に難ありの千秋先輩など、出てくるのはどこか「ダメ」な人間ばかり。でもそんな彼らが人間らしくて愛おしい!のだめと千秋先輩の恋ももどかしくてキュンとします!

二ノ宮節炸裂のギャグも冴えわたっているので、人前では読まないことをおすすめします。

4位『俺物語!!』(アルコ/河原和音)

俺物語!!

猛男を最初に見た衝撃! 少女漫画界で、こんなビジュアルのヒーローがいるのかと思いました……。こんなイケメンは見たことない!

困っていたら知らない人でも助け、大事な人を守るためなら体も張る、人間力が高すぎるヒーロー猛男。そんな彼に恋をした、これまたピュアでめちゃめちゃいい子な大和。

二人のどこまでもピュアで、笑えて泣けてキュンとする恋愛マンガ!猛男とイケメンな親友・砂川との関係性もまたいい……! 

5位『東京タラレバ娘』(東村アキコ)

東京タラレバ娘

「タラレバ言っていたらこんな歳になってしまった」というセリフが突き刺さる、突き刺さりまくるザ・女性マンガ。もう読んでいるこっちは血みどろです。エマージェンシー!

主人公たちは「東京オリンピックまでに結婚したい」と言いつつも女子会を繰り返す33歳。「結婚したい」と「自分らしく生きたい」が戦う様に共感必至。東京って、なんでこんな自立した女性が結婚しづらいのでしょう。

ある意味「恋がしたい」と思っているときに読むのがおすすめかもしれません。

6位『ハチミツとクローバー』(羽海野チカ)

ハチミツとクローバー

美大生をふくむ男女5人の切ない片思い群像劇。

みながみな、誰かに恋をして、好きになってほしいだけなのに、それが難しい。それが切ない!

個人的には山田の切ない片思いのモノローグに大号泣です。

7位『ヲタクに恋は難しい』(ふじた)

ヲタクに恋は難しい

pixiv発、社会人ヲタクたちのゆるふわラブコメディ。

ゲームヲタ、同人ヲタなど様々なヲタクがそろいつつ、「恋は難しい」というタイトルとは反し、なんだかんだとラブい2組のカップルの様子に、嫉妬半分、ときめき半分で目が離せない!

8位『はいからさんが通る』(大和和紀)

はいからさんが通る

じゃじゃ馬、酒乱、家事はNGととんだはねっ返りの紅緒と、その許嫁の伊集院少尉。

二人の恋模様を軸に繰り広げられるラブコメディ。紳士的で笑い上戸な少尉、密かに紅緒に想いを募らせる寡黙な上司・冬星、幼馴染で紅緒を慕う希代の女形・蘭丸、ワイルドな頼れる兄貴キャラ・鬼島など、「あなたは誰派?」と男性キャラの好みで盛り上がった人も多いはず。

何より、ヒロイン紅緒が破天荒で、でも一途でかわいくて、かっこいいのです!2017年、2018年に公開予定のアニメ映画も楽しみです!

9位『逃げるは恥だが役に立つ』(海野つなみ)

逃げるは恥だが役に立つ

「恋ダンス」で一世を風靡した逃げ恥。ドラマも最高でしたが、原作もとにかくいいんです!!

「恋愛」や「結婚」という呪いを解くのは、人が人を愛する誠実さ。不器用なみくりと平匡さんの恋愛模様にもキュン!

個人的に大好きなのが、初夜を迎えたあとの平匡さんのモノローグ。そうだよね、人を愛する気持ちってこうだよね…となぜか泣きそうになります。

うまく恋ができない、すべての人類におすすめです。

10位『トーマの心臓』(萩尾望都)

トーマの心臓

14位にもランクインしている萩尾望都先生ですが、萩尾作品を最初に読むなら「トーマの心臓」がおすすめ。男にも女にもなる前の「少年」たちが織りなす、美しく痛々しい愛の物語。

舞台はドイツのギムナジウム。ある日、学校のアイドル・トーマが自殺した――原因は思いを寄せる先輩・ユーリへの愛。苦しむユーリだが、学校にはトーマにそっくりな少年・エーリクが現れて…という、繊細でありながら面白さも桁違いの作品。

愛を信じられないユーリと、愛のために死を選んだトーマの気持ちが交差していくさまは、今読んでもハッとさせられます。

11位『昭和元禄落語心中』(雲田はるこ)

昭和元禄落語心中

落語とは、声と言葉の総合芸術。名人芸とも呼ばれる語るさまを漫画で表現できるのは、雲田先生の画力と愛があってこそ!

本編は、刑務所を出たばかりの与太郎が八雲師匠に弟子入りするところから始まります。…と、最初は与太郎が主人公だと思って読み始めるのですが、本作の主人公はなんと八雲師匠。八雲師匠の過去を知るとき、彼が背負う影と色気の正体に気付くはず。師匠の落語への愛と業は、涙なしには読めません。

人間って愚かで、でもそこが愛おしい。そんな気持ちにさせてくれます。

12位『カードキャプターさくら』(CLAMP)

カードキャプターさくら

さくらの、魔力の込められたカードを集める冒険にワクワクし、ピンチのときもその真っ直ぐさで切り抜ける姿に憧れた女子も多いはず!親友・知世ちゃんがさくらのために作る、コスチュームもいちいちかわいい……!!

兄の桃矢、桃矢の親友・雪兎さん、さくらのクラスメイト小狼くんなど、男性キャラも魅力的なキャラばかり!さくらの魔法の言葉、「絶対だいじょうぶだよ」はいまも魔法の言葉です!

13位『ぼくの地球を守って』(日渡早紀)

ぼくの地球を守って

前世の記憶を持つ男女7人の、過去と現在をめぐるSF人間ドラマ!主人公・亜梨子をめぐる恋模様や、前世との関係を辿る現代パートはもちろんですが、地球をめざし宇宙を旅した前世の7人に何が起きたのかを描く過去パートがたまりません!

愛、友情、嫉妬、様々な感情が織り交ぜになり、前世と現代を結ぶすべての謎が明らかになったとき、号泣でした……。木蓮と紫苑、二人の恋と運命が、もう、たまりません……!

14位『ポーの一族』(萩尾望都)

ポーの一族

ポーの一族で描かれるのは、永遠に大人にならない少年たち。あらゆる時を駆け巡るシリーズ中でも、吸血鬼(バンパネラ)エドガーがごく普通の少年アランと出会い、彼を一族に迎え入れる表題作は、あまりに切なく繊細で、胸が震えます。

2人の切なさと少年特有の妖しさに、どれだけ多くの少女たちが胸をときめかせたことでしょう。

少女マンガの概念を超えた本作。「少女マンガって恋愛マンガでしょ?」という方にこそ読んでいただきたい傑作です。

15位『あさきゆめみし』(大和和紀)

あさきゆめみし

言わずとしれた名作!「源氏物語」はこの漫画で学びました……という方は多いはず!煌びやかで、でも陰湿な面も持つ宮中のドロドロ感、美しい光源氏の、孤独を埋めようとするかのような恋愛遍歴。

藤壺、紫の上、六条御息所など、様々なタイプの女性キャラクーが、婚儀も自由にできなかった時代において、どう自分らしく生きていくのかが描かれていて、現代の女性が読んでも共感すること間違いなしの作品です。

16位『大奥』(よしながふみ)

大奥

女将軍、大奥にいるのは男性ばかりという、男女逆転の舞台で繰り広げられるパラレル時代劇。

その設定や、歴史的事件をどのように物語と紐づけていくのかといった歴史モノとしての面白さはもちろんですが、なにより各代の将軍とその周囲の人間ドラマに目が離せません……!

主従、恋愛、孤独、嫉妬、様々な感情が渦巻く中、家光編の切ない恋模様、綱吉編の女性の生き様を描いた悲哀は特におすすめです!!

17位『深夜のダメ恋図鑑』(尾崎衣良)

深夜のダメ恋図鑑

女子3人が、付き合っている彼氏、デートした男性など世の男性、時には女性の「この発言ってどうなの?」に鮮やかなツッコミを入れる様子に、「私が感じていた違和感は私だけじゃなかった!」と共感しかない!!!

男性は、ヘタなモテ本を読むよりも、この漫画を読んだほうが絶対いいです。

18位『ベルサイユのばら』(池田理代子)

ベルサイユのばら

パリを舞台に繰り広げられる、男装の麗人・オスカルと、王妃マリー・アントワネット、二人の女性の恋と生き様を煌びやかに描いた名作!

気高く愛情深いオスカルか、自由でかわいらしいプリンセス・アントワネットか、どちらのヒロインが好きかでも大盛り上がり。

オスカルとアンドレや、アントワネットとフェルゼンの恋模様と彼らを待ち受ける運命に、現実を忘れてしまうかも。

19位『ガラスの仮面』(美内すずえ)

ガラスの仮面

演劇を舞台にした漫画といったらこの作品。

伝説の「紅天女」の役を目指して女優の道を突き進む、天才・北島マヤと、努力の人・姫川亜弓。「ヘレン・ケラー」の役を二人がどう掴むか、といった演劇パートもさることながら、天才と努力の天才、二人の互いに嫉妬しつつ、認め合いつつ、成長していくその爽やかな関係性が、いいんです……!!

マヤと真澄社長の恋模様も注目ですが、女同士の唯一無二の並び立つ存在、その二人の演劇人としての行く末が楽しみです…!

20位『日出処の天子』(山岸凉子)

日出処の天子

言わずと知れた名作!聖徳太子(厩戸皇子)は超能力だった!というワクワク感もさることながら、とにかく厩戸と毛人(えみし)の恋が切ない…!!

能力ゆえに親からも忌避され、孤独に生きる厩戸が初めて心を開いたのは、特殊な能力こそないものの、誠実で実直な毛人。躊躇なく人を殺す厩戸が、毛人と接するときは恋する乙女のようになってしまうのが、恐ろしくもかわいい。世界すら操れる厩戸が、唯一操れないものが毛人の心、というのもまた切ないです。

豪族たちの争いに巻き込まれながら、激動の時代を生きる2人。厩戸が選んだ未来、どうか見届けてください。

(21位以降のコメントは順次更新していきます!)

21位『美少女戦士セーラームーン』(武内直子)

美少女戦士セーラームーン

22位『ふしぎ遊戯』(渡瀬悠宇)

ふしぎ遊戯

23位『ときめきトゥナイト』(池野恋)

ときめきトゥナイト

24位『NANA』(矢沢あい)

NANA

25位『高校デビュー』(河原和音)

高校デビュー

26位『夏目友人帳』(緑川ゆき)

夏目友人帳

27位『こどものおもちゃ』(小花美穂)

こどものおもちゃ

28位『ママレード・ボーイ』(吉住 渉)

ママレード・ボーイ

29位『BANANA FISH』(吉田秋生)

BANANA FISH

30位『きみはペット』(小川彌生)

きみはペット

31位『ホタルノヒカリ』(ひうらさとる)

ホタルノヒカリ

32位『ピーチガール』(上田美和)

ピーチガール

33位『好きっていいなよ。』(葉月かなえ)

好きっていいなよ。

34位『きょうは会社休みます。』(藤村真理)

きょうは会社休みます。

35位『失恋ショコラティエ』(水城せとな)

失恋ショコラティエ

36位『花ざかりの君たちへ』(中条比紗也)

花ざかりの君たちへ

37位『となりの怪物くん』(ろびこ)

となりの怪物くん

38位『ヒロイン失格』(幸田ももこ)

ヒロイン失格

39位『ライフ』(すえのぶけいこ)

ライフ

40位『魔法騎士レイアース』(CLAMP)

魔法騎士レイアース

41位『生徒諸君!』(庄司陽子)

生徒諸君!

42位『ちびまるこちゃん』(さくらももこ)

ちびまるこちゃん

43位『ヴァンパイア騎士』(樋野まつり)

ヴァンパイア騎士

44位『orange』(高野苺)

orange

45位『潔く柔く』(いくえみ綾)

潔く柔く

46位『海街diary』(吉田秋生)

海街diary

47位『春待つ僕ら』(あなしん)

春待つ僕ら

48位『桜蘭高校ホスト部』(葉鳥ビスコ)

桜蘭高校ホスト部

49位『ダメな私に恋してください』(中原アヤ)

ダメな私に恋してください

50位『彼氏彼女の事情』(津田雅美)

彼氏彼女の事情

51位『先輩と彼女』(南波あつこ)

先輩と彼女

52位『グッドモーニング・コール』(高須賀由枝)

グッドモーニング・コール

53位『PとJK』(三次マキ)

PとJK

54位『L♡DK』(渡辺あゆ)

L♡DK

55位『綿の国星』(大島弓子)

綿の国星

56位『イタズラなKiss』(多田かおる)

イタズラなKiss

57位『おしゃべり階段』(くらもちふさこ)

おしゃべり階段

58位『ミラクル☆ガールズ』(秋元奈美)

ミラクル☆ガールズ

59位『神風怪盗ジャンヌ』(種村有菜)

神風怪盗ジャンヌ

60位『赤ちゃんと僕』(羅川まりも)

赤ちゃんと僕

61位『BLACK BIRD』(桜小路かのこ)

BLACK BIRD

62位『コーヒー&バニラ』(朱神 宝)

コーヒー&バニラ

63位『しゅごキャラ!』(PEACH-PIT)

しゅごキャラ!

64位『フルーツバスケット』(高屋奈月)

フルーツバスケット

65位『電撃デイジー』(最富キョウスケ)

電撃デイジー

66位『僕等がいた』(小畑友紀)

僕等がいた

67位『近キョリ恋愛』(みきもと凛)

近キョリ恋愛

68位『サプリ』(おかざき真里)

サプリ

69位『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(青木琴美)

カノジョは嘘を愛しすぎてる

70位『私がモテてどうすんだ』(ぢゅんこ)

私がモテてどうすんだ

71位『町田くんの世界』(安藤ゆき)

町田くんの世界

72位『風と木の詩』(竹宮惠子)

73位『砂時計』(芦原妃名子)

砂時計

74位『オトメン』(菅野 文)

オトメン

75位『僕の初恋を君に捧ぐ』(青木琴美)

僕の初恋を君に捧ぐ

76位『ヘルタースケルター』(岡崎京子)

ヘルタースケルター

77位『永遠の野原』(逢坂みえこ)

永遠の野原

78位『ラヴァーズ・キス』(吉田秋生)

ラヴァーズ・キス

79位『strawberry shortcakes』(魚喃キリコ)

strawberry shortcakes

80位『MARS』(惣領冬実)

MARS

81位『天使禁猟区』(由貴香織里)

天使禁猟区

82位『有閑倶楽部』(一条ゆかり)

83位『快感♥フレーズ』(新條まゆ)

快感♥フレーズ

84位『ラブ★コン』(中原アヤ)

ラブ★コン

85位『天は赤い河のほとり』(篠原千絵 )

天は赤い河のほとり

86位『天使なんかじゃない』(矢沢あい)

天使なんかじゃない

87位『王家の紋章』(細川智栄子あんど芙〜みん)

王家の紋章

88位『娚の一生』(西 炯子)

娚の一生

89位『放課後保健室』(水城せとな)

放課後保健室

90位『坂道のアポロン』(小玉ユキ)

坂道のアポロン

91位『高嶺と花』(師走ゆき)

高嶺と花

92位『暁のヨナ』(草薙みずほ)

暁のヨナ

93位『たいようのいえ』(タアモ)

たいようのいえ

94位『午前3時の無法地帯』(ねむようこ)

午前3時の無法地帯

95位『私達には壁がある』(築島 治)

私達には壁がある

96位『椿町ロンリープラネット』(やまもり三香)

椿町ロンリープラネット

97位『瞬きもせず』(紡木たく)

瞬きもせず

98位『バナナブレッドのプティング』(大島弓子)

バナナブレッドのプティング

99位『白鳥麗子でございます』(鈴木由美子)

白鳥麗子でございます

100位『とりかえ・ばや』(さいとうちほ)