ホイチョイ馬場さんが唱える「10分1000円の法則」
「恋愛レストランの達人」 馬場康夫
ホイチョイプロダクションズ代表に聞く vol.2

vol.1 はこちらをご覧ください。

内藤:今日は恋愛レストランの達人、馬場康夫さんとの対談第2回です。まずズバリお聞きしたいのは、馬場さんにとっていい店ってどんなお店なのか? です。

トリュフオイルで作った偽トリュフご飯は美味しい!

馬場:いつも言っているんですが、ぼくがお店を評価するときに大事なのは雰囲気です。インテリアやサービスが醸し出す雰囲気、これは何十年も店を見てきたからさすがにわかりますからね。じゃあ、味についてはどうか。正直言って、いくら経験を重ねても料理の味なんて、本当のところはわからないんじゃないかって、思っているんですよ。

 ちょっと前に、産地偽装を元女将に週刊誌で暴露されたミシュラン二つ星の和食屋さんがあったでしょう。

内藤:「トリュフご飯」が有名なあのお店ですよね。

馬場:そのトリュフご飯も、元女将の告発によれば、トリュフオイルを使っていたそうです。でも美食家の有名人たちもすごく美味しいと言って絶賛していた。自分の結婚式でわざわざ締めに出したワイン好きの女優もいたぐらいですよ(笑)。

 でもそれをぼくは笑えない。だって、ぼくも食べて美味しいって思っていたし。いや、本当に美味しいんですって!(笑)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら