写真はイメージです(Photo by iStock)
企業・経営

スゴイ切れ味で大ヒット!包丁「タダフサ」ができるまで

包丁文化普及の仕掛け人に聞く

鍛冶の街として知られる新潟県三条市に、ヒット商品を出す元気な刃物メーカーがある。昭和23年創業のタダフサだ。自社の炉で鋼を熱し、ハンマーで打って包丁にする過程を公開するだけでなく、全国で包丁の研ぎ方を指南するなど、包丁の文化を広めている。仕掛け人、曽根忠幸社長(40歳)に聞いた。

謙虚すぎても良さは伝わらない

【侍の誇り】

日本のスタンダードな包丁は、硬い鋼と柔らかい鉄・ステンレスでできています。例えば当社のブランド「庖丁工房タダフサ」の商品も、多くが三層構造でできています。食材に当たる刃の部分には硬い鋼を使い、この刃を柔らかいステンレスで挟み、守るのです。

もしすべてが鋼だと、私たちのようなプロでも研げず、強い力が加わると割れる使いづらい包丁になります。一方、刃も柔らかい鉄でできていたら、どんどんすり減る包丁になってしまいます。

鍛冶職人の技で三層構造にすることにより、刃は硬く、しかし割れにくく、メンテナンスしやすい刃物ができるのです。

ちなみに日本刀も似た構造です。世界にも、ドイツのゾーリンゲンなど有名な刃物の産地がありますが、私は「日本製ほど理にかなった刃物はない」と思います。

 

【シンプル】

「庖丁工房タダフサ」は「基本の3本」と、料理の腕が上がったら揃えていきたい「次の1本」が4本、この計7本で構成しています。

実を言うと包丁は、形状や鋼により数百種類に分類できます。我々プロの立場からすると、何を切るかにより使い分けてもらうのが一番いい。

しかしあまりに細分化すると「包丁にこだわって料理の腕を上げたい」といった一般ユーザーには選びづらくなってしまいます。さらに商品を売る小売店の方からも「お客様に説明できない」「質問に答えられない」と敬遠されてしまいます。伝統工芸品といえど、難しすぎてもいけません。

こうしてシンプルにしたことがヒットの理由でしょう。ちなみに「基本の3本」のなかで人気なのは、圧倒的な切れ味が特徴のパン切り包丁です。

【謙虚の罪】

子どもの頃から工場の隣の家に住み、職人の方たちに可愛がってもらっていました。なかには「三条市の包丁鍛冶のレジェンド」と呼ばれる方もいました。しかし今思えば、そんな日常にいたからこそ「我々は世界レベルの技術を持っている」と発信できていなかったのです。

私が社長に就任した頃は、問屋さんに商品を卸してもどこで販売しているかわからず、だからお客様に価値が伝わらず、安い商品に駆逐されていく……といった状況でした。売り上げは落ち、職人も店頭で安売りされているさまを見て寂しい思いをしていました。

そこで私は、我々の思いや技術をお客様に伝えながら売れる販売ルートを開拓し、工房をお客様に公開するなど、様々な方法で自社の価値を伝え始めたのです。これを続け、ようやく「タダフサ」の名にブランド力がついてきました。

たしかに、自分で「世界レベル」とは言いにくい。しかし、謙虚なばかりでは価値が伝わりません。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら