Photo by GettyImages
格闘技 スポーツプレミア
6階級制覇王者パッキャオはなぜいまさら無名選手と戦うのか
ジェフ・ホーンって誰?
(パッキャオ対ホーン戦が行われることを知らない人も米国内には多いはずだ Photo By Gemini Keez)
7月2日(米国時間1日)オーストラリア ブリスベン
WBO世界ウェルター級タイトルマッチ
6階級制覇王者、王者
マニー・パッキャオ(フィリピン/ 38歳 / 59勝(38KO)6敗2分)
 vs.
挑戦者
ジェフ・ホーン(オーストラリア/ 29歳 / 16勝(11KO)無敗1分)
 

「ジェフ・ホーンって誰?」

6階級制覇王者パッキャオの次戦決定の報を聴いた後、そう首をひねったスポーツファンは多かったに違いない。

昨年11月以来となるパッキャオの復帰戦は、7月にオーストラリアで行われることが決まった。現地ではスタジアムに約55000人の大観衆が集める特大イベントになりそうだと見られている。ただ、母国以外ではホーンの知名度はゼロに等しく、アメリカでの盛り上がりも、もちろんゼロに等しい。

トップランクのボブ・アラム・プロモーターが起用に興味を持ったくらいだから、ホーンはプロスペクト(有望株)ではあるのだろう。過去には世界挑戦経験もあるアリ・フネカ(南アフリカ)、元世界王者のランドール・ベイリー(アメリカ)に勝っている。端正なルックスもテレビ好み。ただ、最近の試合映像を見ても、現時点でパッキャオに対抗できる武器があるようには見えない。

フィリピンの英雄にとって、今戦はいわゆる”Stay Busy fight(調整試合)”。最近は興行成績もジリ貧で、米国内に目ぼしい対戦相手候補も乏しくなったところで、タイミング良く異国のリング登場の話が出てきた。オーストラリア開催なら、まだパッキャオの名前だけでも大イベントになる。この試合の交渉がそんな経緯でスタートし、成立に至ったことは容易に想像できる。

(同じトップランク傘下のブラッドリーともすでに3度対戦。新鮮味のあるマッチメークは少なくなった)

フロイド・メイウェザー、オスカー・デラホーヤ(ともにアメリカ)、ミゲール・コット(プエルトリコ)、リッキー・ハットン(イギリス)、ファン・マヌエル・マルケス、マルコ・アントニオ・バレラ、エリック・モラレス(すべてメキシコ)……。

これまでパッキャオは幾多の強豪と激闘を演じてきたが、今戦の相手が格落ちであることは否定できない。海外戦のプロモーションは容易ではないため、試合挙行が近づいてもアメリカ国内で大きな話題にはならないはずだ。

最新試合の注目ポイント

そんなフィリピンの英雄の最新試合に関して、注目ポイントを挙げるとすればどこになるのか。興行の観点から言うと、まずはこの注目度の低い一戦が米国内でどんな形でテレビ中継されるのかは気になるところではある。

これまでパッキャオの試合は主にプレミア・ケーブル局の雄であるHBOが課金制度のPPVで放送してきた。しかし、2015年5月のメイウェザー戦を前後して、売り上げ数が激減。それも一因となり、昨年11月のジェシー・バルガス(アメリカ)戦はHBOが放映を見送る事態となった。そんな流れを考えれば、バルガスよりさらに知名度の低いホーンが相手の今戦にHBOが興味を持つとは考え難い。そこでアラム・プロモーターはこう述べている。

「アメリカでは地上波で中継する可能性を考慮している。将来のフィリピン大統領候補に挙げられているような選手のファイトが無料で観れるとすれば、大きな話題になる。実現すればパッキャオの名声は別次元に達するだろう」