〔PHOTO〕gettyimages
企業・経営 行政・自治体
"地雷"も簡単に避けられる!「イデコ」を正しく使って得しよう
節税メリットだけじゃない

正しい使い方が普及していない「イデコ」

確定拠出年金は、昨年、法律が改正されて、利用可能者が大幅に拡がった。特に今、個人型確定拠出年金、愛称「イデコ(表記は「iDeCo」)」が関心を集めている。

イデコは、課税される所得がある人(60歳未満)にとっては、是非利用したい制度だ。

最大のメリットは、掛け金が所得控除されることであり、例えば年金が厚生年金だけの会社員が、自分でイデコを始めて、最大限に掛け金を積むと(毎月2万3千円が上限。年間で27万6千円が所得控除される)、年収が500万円くらいなら、毎年約8万2千円程度の税金をほぼ確実に節約できる。

この他、公務員の場合はもともと年金が手厚いが、上限毎月1万2千円、年間14万4千円が所得控除になるので、自分の税率に応じて、年間何万円か得をすることになる。これは、生命保険料控除(年間6万円)よりもずっと効果が大きい。

このように「得」な制度なので、使うといいのだが、世間ではもっぱらこの節税メリットばかりが強調されていて、正しい使い方の普及が進んでいない印象を受ける。

正しく使えるか否かで、例えば、運用残高が100万円に対して(典型的なケースならざっと4年でこれくらいの額になる)、年間で数千円から2万円くらいの差が生まれる。この差は運用金額と共に拡大するし、毎年積み重なるのだから、相当の額になるはずだ。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら