Photo by iStock
ブルーバックス 宇宙科学
ブラックホールは本当にあるの? この疑問に答える史上初の挑戦
「究極の証拠」は手に入るのか

宇宙の果てはどうなっている?

私は「天文学者」という、世間でも比較的珍しい職業に就いている。その珍しさもあってか、ときどき小学校に呼ばれて宇宙について話をすることがある。

幸いなことに宇宙の話は多くの子供たちの興味を惹き付けるものらしい。実際、子供たちは熱心に話を聞いてくれるし、終了後には結構するどい質問が飛び出す。これまでの私の経験では、その中でも最も多く出てくる質問が三つある。子供たちの「三大質問」と呼んでもいいだろう。

一つ目は、「宇宙の果てはどうなっているの?」という問いである。もちろん個人によって質問の仕方はそれぞれで、一字一句同じというわけではない。なかにはかなりするどい質問として、「果ての向うはどうなっているの?」、「宇宙誕生の前には何があったの?」などと問われることもある。

これらの問いには専門家といえども答えることができない。研究者である私たちもまさにその答えを知りたいのである。非常に素朴な、しかし実に本質的な「究極」の問いを、子供たちは私たちに投げかけてくる。

 

二つ目の問いは宇宙における「生命」や「宇宙人」の存在に関するものである。もっとも端的な質問は「宇宙人はいるの?」である。これは言い直せば「地球上の生命や人類は、宇宙で特別な存在なのか?」という、生命や人類に関する根源的な問いである。これも現代科学の本質的な命題である。

現在多くの恒星で惑星系が発見されており、いずれ地球によく似た惑星も見つかるであろう。そうなったら、そこに海や陸はあるか、大気の成分はどうなっているか、そしてさらには生命が誕生しうるか、を調べることになるだろう。

「宇宙人はいるの?」という問いの答えはまだないが、私はいつも次のように答えている―「きっと宇宙人はいると思う。ただし、まだ証拠は何もないけどね」。

天の川銀河には太陽のような恒星が2000億個以上あり、その周りには多くの惑星がある。「宇宙で人類のような高等生命がいるのは地球だけ」、と考える方が無理というものである。

さて三大質問の三つ目は、ブラックホールに関するものである。「ブラックホールは本当にあるの?」、「ブラックホールって、どんな天体?」といった、ブラックホールの存在や性質に関わるものである。なかには「ブラックホールの中はどうなっているの?」、などといった、これまた専門家が答えられないするどい質問もある。

子供たちの「ブラックホール」に関する認知度は高く、その人気(?)も絶大である。その理由は、ブラックホールが強い重力で何もかも吸い込むという「怪物」のような極端な性質を持っていることや、現在もさまざまな謎に包まれていることがあるだろう。