Photo by iStock
音楽

手掛かりは56年前のレコードだけ…当時大ヒットした「楽団」の謎

アンリ・ド・パリ?

謎めいた楽団のレコードとの出会い

演奏者の名前が、アンリ・ド・パリ楽団、となっている国内盤の7インチ・レコードが3枚、僕の手もとにある。この2年ほどの期間のなかで、現実に存在する中古レコードの店で、偶然に遭遇して手に入れたものだ。

A面「黒い傷あとのブルース(Broken Promises)」と、B面「夢みるように(Dreamy)」がレコード番号JET-1221だ。これが日本で市販されたアンリ・ド・パリの、最初の7インチだろう。

2枚目はレコード番号JET-1199で、「かわいた唇(Stolen Moments)」と「ハレム・パーティー(Harem Party)」だ。

そして3枚目はレコード番号JET-1332で、「濡れた花びら(Wandering Rainbows)」と「七つの流れ星(Sev’n Thousand Years)」の2曲だ。

3枚とも1961年の日本で市販された。「黒い傷あとのブルース」には、最初の所有者によるものと推測出来る購入年月日、1965・6・13が手書きしてある。1961年はいまから56年前だ。

56年前の7インチ盤のレコードが、少なくとも盤面の溝の実用性能では新品と変わらない状態で、600円、700円という値段で、あたりまえのことのように、いまでも手に入る。

レコードは時間の経過に耐え得る安定した記録媒体なのだ。

保管される状態にもレコードは恵まれるのではないか。押入れにしまい込まれたなら、積み重ねたいくつかの段ボール箱のいちばん上の箱のなかで、詰め込まれた物品の上に横たえられ、ほとんどそのままの状態で時間は経過していくのだろう。

スリーヴの裏に印刷してある短いライナー・ノートによれば、アンリ・ド・パリは Henri DePari と綴るようだ。父親はクラシック音楽の声楽家で、4人の兄弟の誰もがなんらかの楽器を得意とした、というような恵まれた環境で育ち、9歳のときからサックスを習い始めたという。

LAのレコード会社の重役によって才能を認められたアンリは、Seven Days In Barcelona という曲を、なんらかのバンドとともに自身はアルト・サックスを演奏して、レコードにしたようだ。ライナーの書きかたが明確ではないので、いまの僕としてはこんなふうに推測するほかない。

 

そしてこのレコードは、かなりの注目を集めたようだ。注目を集めたとは、レコードを作ったり売ったりする業界の人たちにとって、アンリは新たに登場した材料のひとつだった、ということに他ならない。

Seven Days In Barcelona がレコードになったのが1950年代後半のことだったと推測して、その頃のアメリカで大量に製作され市販されたイージー・リスニングのLPの選曲のなかに、この曲が含まれている可能性は充分にある。

まず手始めに、いま僕のところにあるLPを、アナログ検索しようか。アナログ検索とは、LPを1枚ずつ手に取っては、収録曲名を見ていくことだ。