Photo by iStock
格闘技

極真"伝説の男"黒澤浩樹の勇姿は、俺たちの心に熱く生き続ける

稀代の格闘マシーンが逝った

黒澤浩樹との思い出

「何か狭く感じますねぇ。あの時は、もの凄く広い会場に思えたのに」

「そうですね。黒澤さんが初めて(極真カラテ)の世界大会に出た時は、まだ東京ドームもなかったですから」

黒澤浩樹と、そんな話をしたことを思い出す。

もう20年近く前のことである。1998年6月24日、場所は日本武道館。私たちは『PRIDE3』の解説者としてリングサイドに設けられた放送席に座っていた。

『PRIDE1』出場に向けてトレーニングする黒澤 Photo by 山口比佐夫

「黒澤さんが亡くなった」

友人のカメラマンから電話で、そう聞かされた時、カラダが硬直した。そして、言葉を発することができなかった。

黒澤浩樹は、私よりも4年4ヵ月ほど早く生まれている。そして彼の格闘技人生と私の記者としての取材歴は重なり、密接な関係を築くようになった。

特にPRIDEへの参戦を決め、KRSの代表幹事を務めるようなって以降は、頻繁に会うようになる。極真会館を退会し、黒澤道場を設立、その後に出版した『極真魂』(黒澤浩樹著・双葉社)は私が構成を担当した。

その際にも長い時間、話を聞かせてもらった。

中学生の時に渋谷の映画館で『史上最強の空手』を観て極真に憑りつかれた時のこと。

本部道場に通う山手線の中で、いつも緊張しガタガタと震えていたこと。

第18回大会でV候補と目されながら2回戦で豊田宜邦の跳びヒザ蹴りを食らい一本負けを喫した時のこと。

第21回大会後の謎の謹慎処分のこと。

大山倍達総裁との思い出、PRIDE参戦直前の苦悩、両親への想い、指導者としてやっていきたいことなどなど……。

黒澤浩樹という格闘家に私は惹かれ、その後も幾度も、格闘技界の理想形について語り合った。数多くの武勇伝を持つコワモテなイメージが強い彼だが、実はナイーブで常に相手の気持ちを思いやる心優しい男だった。