〔PHOTO〕gettyimages
防衛・安全保障 国際・外交 中国 アメリカ

アメリカは北朝鮮をすぐには空爆しない~米中首脳会談から見えたこと

日本人は、二つの点を誤解している

習近平主席の「強運」

中国にとっては、まさに「神風」が吹いたような米中首脳会談だった。ある北京の中国人に聞くと、喝采して言った。

「小事は智によって為し、大事は徳によって為すが、最大事は運によって為すという。まさに習近平主席が大運を持っていることが、またしても証明された。2年前の『トルコの再来』だよ」

「神風」とか「トルコの再来」とか、冒頭から不可思議な言葉を並べてしまったが、順に説明しよう。

まずトルコについてだが、2015年11月15日と16日に、トルコのアンタルヤで、G20(主要国・地域)サミットが開かれた。この時のG20は当初、いわば「中国非難大会」になることが予想されていた。中国の無様な経済失速によって、世界的な金融危機が起きるのではないか、中国は南シナ海を軍事要塞化し、「海賊国家」と化すのではないか……世界中が中国に対して疑心暗鬼になっていて、習近平主席は批判の矢面に立たされるはずだった。

ところが、開幕二日前の11月13日夜、パリで同時多発テロが発生し、死者130人、負傷者300人超という大惨事になった。そのことでG20は冒頭、テロの犠牲者への追悼で始まり、以後2日間、議題はテロ問題一色となった。それによって、中国批判は雲散霧消してしまったのである。

同様のことが、4月6日と7日に開かれた米中首脳会談でも起こった。中国側としては当初、貿易不均衡、北朝鮮、南シナ海という「3大問題」に関して、トランプ大統領から手ひどく叱責されることを覚悟していた。実際、トランプ大統領は事前に、中国に対して強硬な発言を繰り返していた。

にもかかわらず、なぜ習近平主席は訪米したのか。主な理由は二つだった。第一に、今年後半の第19回共産党大会前に、アメリカとの協調路線を打ち出して、国内の政権基盤を固めること。第二に、「米ロ蜜月」を断ち切ることである。

いずれにしても、何をやり出すか知れないトランプ政権を敵に回さないことが、訪米の最大の目的と言えた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら