Photo by GettyImages
エンタメ テレビ
ビートたけしと緒形拳を巡る、奇妙な「因縁」
主演ドラマ『破獄』今夜放送!

吉村昭の名作を32年ぶりのテレビドラマ化

ビートたけしが、4月7日公開の『ゴースト・イン・ザ・シェル』で、ハリウッド映画に22年ぶり(1995年公開の『JM』以来ということになる)に出演したのに続き、きょう4月12日放送のテレビ東京開局記念日ドラマ『破獄』では主演を務め、ここのところ久々に役者づいている。

このうち『破獄』の脚本は池端俊策である。池端は、1983年の『昭和四十六年、大久保清の犯罪』以来、たびたびたけしの主演ドラマを手がけてきた。

先ごろ私が上梓した『ビートたけしと北野武』(講談社現代新書)でもとりあげているように、池端脚本・たけし主演のドラマは、この『大久保清の犯罪』をはじめ『イエスの方舟――イエスと呼ばれた男と19人の女たち』(1985年)、『あの戦争は何だったのか――日米開戦と東条英機』(2008年。以上各作品とも放送はTBS系)など、いずれも現実の事件や人物に取材した実録ドラマである。

9年ぶりに2人が組む今回の『破獄』もその例に漏れず、戦前から戦後にかけて脱獄を繰り返した実在の無期懲役囚をモデルとしている。

原作となる吉村昭の同名小説は、32年前にもNHKでドラマ化されている(1985年4月6日に総合テレビで放送)。NHK版『破獄』で主演を緒形拳を務めた。もっとも、主演といっても今回のたけしとは役が違う。緒形が脱獄囚を演じたのに対し、たけしは反対の立場である看守の役である。

おそらくもう30年、せめて25年早ければ、たけしが脱獄囚を演じたはずだ。しかし、さすがに70歳になったいまでは無理があるということだろう。

ちなみに緒形が『破獄』に主演したのは47歳のときだった(今回の『破獄』で脱獄囚を演じる山田孝之は33歳)。劇中で緒形は、刑務所の独房の高い天井まで、柱をつたって這いあがり、天窓を突き破って脱獄するなど、驚異的な身体能力を発揮した犯人に見事になりきっている。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら