Photo by iStock
医療・健康・食 ライフ 週刊現代
運動するほど老化が進む!? 「1日1万歩」ウォーキングはキケン
一生懸命、毎日実践しても…

「歩数自慢」に意味はない

60過ぎたら健康のため「一日一万歩」歩かなければと思い込み、一生懸命、毎日実践している人も多い。

だが、『やってはいけないウォーキング』(SB新書)の著者で、東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏は「それは大きな間違いだ」と語る。

「私たちは、17年間、群馬県の中之条町に住む65歳以上の方、5000人を対象に調査し、その内500人には24時間活動量計をつけてもらい、モニタリングしてきました(現在も調査は続行中)。

その結果、一日8000歩が健康効果の最大値で、それ以上は頭打ちになることが分かったのです。頑張って一万歩以上歩いたとしても、ほとんどすべての病気において効果が見られませんでした。

それどころか60歳を過ぎてのウォーキングのし過ぎは、身体に弊害すらもたらすことが分かってきました」

 

弊害の代表的なものが、膝や腰などの「関節痛」だ。高齢者の中には過度なウォーキングによって膝の軟骨が擦り減ってしまい、関節を痛め、人工関節手術を受けざるを得なくなった人もいるという。

健康運動指導士で「一般社団法人ケア・ウォーキング普及会」の代表理事を務める黒田恵美子氏もこう語る。

「よく『私は一日2万歩歩いています!』、『私は2万5000歩です!』と自慢される方がいますが、それはやりすぎだと思います。そういった人の多くが、歩きすぎによる膝痛、腰痛だけでなく、外反母趾や開帳足、魚の目といった足のトラブルを抱えています。

さらに間違った歩き方のまま長時間歩くことで、神経を痛めてしまう人もいます。せっかく健康のために歩いているのに、日常生活に支障が出てしまっては元も子もありません」

たとえばガニ股で歩き続けていると、インナーマッスル(深部の筋肉)や骨盤底筋が弱り、尿漏れが起こりやすくなる。女性の場合、内股で歩く人も多いが、それにより膝が変形し、将来寝たきりになる可能性もある。