Photo by GettyImages
野球

ニューヨークはメッツの街になるのか? メジャー最高級の先発投手陣

懸念材料はもはやケガだけ!?

ヤンキースよりもメッツ

「今のニューヨークはメッツの街なんだ」

いつも勝気なノア・シンダーガードが大胆にもそう語っていた通り、近年のニューヨークではヤンキースよりもメッツの存在感が目立つのは事実だ。

100マイル以上の豪速球を持つ怪童シンダーガードは今季サイ・ヤング賞候補にも挙げられる Photo By Gemini Keez

ヤンキースが意外な再建体制に突入したのに対し、メッツは過去2年連続でプレーオフ進出。デレック・ジーター、アレックス・ロドリゲスなどがいた全盛期を思い出せば信じられないことだが、市内の支持率もすでにメッツが上回ったというデータが話題になっている。

迎えた2017年、前評判が良いのも断然メッツの方。この躍進の主要因となっているのが、リーグ最高級の先発投手陣である。

昨季14勝(防御率2.60)のシンダーガード、一昨年に13勝(同2.71)のマット・ハービー、14勝(同2.54)のジェイコブ・デグロムという本格派揃いの3本柱は魅力たっぷり。

昨季はケガで低迷したハービーだが、現地4月6日の今季初登板では7回途中まで好投して勝ち投手。復活気配を感じさせる Photo By Gemini Keez

速球は常時94~96マイルを計測する大型左腕スティーンブ・マッツが続き、トミー・ジョン手術で過去2年を棒に振ったザック・ウィーラーもついに復帰してくる。

加えて昨季後半に8試合に先発して防御率2.42を残したロバート・グセルマン、今春のワールドベースボール・クラシックではプエルトリコ代表のエースとして活躍したセス・ルーゴも控える。

この7人はすべてローテーションに入ってしかるべきの投手であり、先発陣の層の厚さは球界全体の垂涎の的だ。

 

投のメッツ、打のカブス。一時代を築くのは?

「メッツ投手陣の才能は誰も無視できない。エース級のタレントが5人も揃っているからね。様々なことがすべて良い方向に行った場合、史上最高級の先発ローテーションが生まれるかもしれない」

ナ・リーグの某チームのスカウトがそう述べていたが、これほどの好投手が毎日のように観れるのはファンにとっても楽しみだろう。そして、今季に3年連続でポストシーズンに進むとすれば、やはり先発ローテーションの力が必要になることは間違いないはずである。

ただ、実は今季開幕前後の時点で、マッツとルーゴがそれぞれ肘のケガですでに離脱してしまった。故障した2人は6月くらいまで復帰できないとのことで、意外にも早い時期にチーム内最大の武器が手薄になった。