Photo by GettyImages
野球
WBC、日本野球は本当に「動くボール」に敗れたのか?
ツーシームとホームラン

なんて底意地の悪いヤツなんだ、と思われるかもしれないが、開幕から4試合を消化した時点(4月4日)での筒香嘉智(横浜DeNA)の打率をご記憶だろうか。

7分7厘。

頭に「3割」はつかない。13打数1安打である(翌5日には2安打したし、こんな数字はどんどんあがっていくに決まっているが)。

もう一つ、千賀滉大(福岡ソフトバンク)の今季初登板(4日、東北楽天戦)は、4回7失点と打ち込まれての敗戦投手である。

WBCでは日本代表の投打の主軸となる大活躍をした2人が、ペナントレース開幕直後に、ここまでつまずくとは。シーズン前の3月に開催されるWBCにトップコンディションに合わせることの、難しさとリスクを象徴する出来事といえよう。

“スネークする”打球

WBCは準決勝敗退となったけれども、敗れたアメリカ戦は長く記憶に残る、印象的な試合だった。簡単に振り返っておこう。

 

日本はアメリカ先発のタナー・ロアーク(ナショナルズ)のツーシームを打ちあぐねて4回零封を許す。失点は4回表。1死から左打者クリスチャン・イエリッチ(マーリンズ)のセカンドゴロを、菊池涼介(広島)がまさかのエラー。ここから1失点。

6回裏には、その菊池が2番手ネイト・ジョーンズ(ホワイトソックス)からソロホームランで同点。8回表1死一、三塁からサード・松田宣浩(ソフトバンク)が捕球をもたつく間にアメリカ追加点。1-2となり、日本代表はそのまま惜敗した。

印象的なのは、なんといっても、まず4回の菊池のプレーだ。あれだけ超ファインプレーを連発していた菊池が、なんと正面のゴロをはじくとは。

これについては、すでに数多くの解説がなされている。当日の悪天候で雨でぬれた芝。いち早く打球の正面に入って完璧な捕球態勢だったのに、打球は右足の外のほうへイレギュラーして抜けていった。

「Number」誌によると、アメリカの芝は、「バウンドしたボールが、まるで蛇が這うように、右、左、右、左とジグザグにバウンドしてくる」という。それをイチローは「スネークしてくるから難しい」と言ったことがあるそうだ。(4月13日号「実現できなかった“鬼門”」石田雄太)

事実、ほんの一瞬だが、菊池が守備位置に戻る際に、右手を左右に振る仕草をしている姿を、テレビカメラは捉えていた。

日米のストレートの違い

ところで、試合後の会見で、小久保裕紀監督は、こう述べた。

「(日本代表の)あれだけの選手たちが芯で捉えられない。動くボール、威力がワンランク上。フォーシーム主体のリーグでプレーしている。どこで訓練すれば? となる」(「日刊スポーツ」3月23日付)

同様のことを、たとえば中田翔(北海道日本ハム)は「あそこまで動くボールを投げる投手は日本にはいない」とコメントしているし、山田哲人(東京ヤクルト)は「打撃フォームを変えないといけないかも」と首をかしげた(「朝日新聞」3月24日付)という。

要するに、先発したロアークのツーシームの動きが大きくて、対応できなかった、ということだ。

とくに、小久保監督の場合は、「どこで訓練すれば? となる」とまで踏み込んでいるので、今後の日本代表のあり方への提言という意味合いをこめての発言だろう。

ただ、少し違和感がある。ロアークのツーシームは確かに大きく動いたかもしれない。しかし、日本を「フォーシーム主体のリーグ」と断言できるのだろうか。