Photo by iStock
金融・投資・マーケット 企業・経営 メディア・マスコミ 経済・財政 政局 ライフ 週刊現代

証券会社がやたら宣伝している「ファンドラップ」は本当にトクなのか

最近CMがバンバン流れて気になるが…

退職金などのまとまったおカネを「ファンドラップ」で運用する人が増えている。人生設計に合わせたオーダーメイドの運用という触れ込みだが、その実態はどうなのか? 投資のプロたちに聞いてみた。

本当に「手堅い」商品か?

「このなかに裏切り者がいる」――英国のサスペンス映画のようなセットで、渡辺謙扮する訳あり風の男が3人の仲間たちにこう語る。

「破天荒な生き方を誓った俺たちのなかに、『ファンドラップ』に手を出した奴がいる」

ざわつく仲間たち。

「ファンドラップ?」

「俺は手堅い生き方なんて考えたこともない」

「俺は貯金もない」

「俺もだ」

そこで渡辺謙が言う。

「俺も宵越しのカネは持たない」

「待てよ、宵越しのカネは持ってはいないが、預けているとしたら……」

薄暗い部屋でにわかに高まる緊張感……。ここで実は渡辺自身がファンドラップに手を出しているらしいとわかる。

「おい、だとしたらずいぶん賢いな」

 

渡辺の脇をかためる男たちも滝藤賢一、吹越満、橋本さとしと渋く通好みの配役。重厚ながらもユーモラスな大和証券のCMをテレビで目にして印象に残っている読者も多いだろう。

新聞の広告などでも、最近よく目にするようになった金融商品「ファンドラップ」。CMでは「手堅い商品」として描かれているが、その実態はどのようなものなのだろうか。

ファイナンシャル・プランナーでマネー講座「100ten.スクール」講師の蔭山あずさ氏が解説する。

「ラップというのは英語の『包む』という言葉からきています。通常の運用だと金融商品を売り買いするたびに手数料がかかってきますが、ラップ口座では投資顧問料・管理手数料として一まとめにラッピングされているので、このような名前がつきました。

ラップ口座というのは、まとまったおカネを預けて、人生設計や投資計画を相談した上で証券会社や信託銀行に運用を一任するという仕組みです。

一昔前は、最低でも数千万円単位の資金が必要な富裕層向けサービスでしたが、最近では数百万円から投資できるようになった。それが投資信託(ファンド)専門で運用を行うファンドラップです」

Photo by iStock

日本投資顧問業協会によると、ラップ口座全体の残高は'16年12月末で6兆4148億円。わずか5年前の'11年には1兆円にも満たなかったことを考えると、驚くべき急成長ぶりだ。その金額の大半が、ファンドラップである。

なぜこれほど急激に人気が出たのか。経済評論家の山崎元氏が解説する。

「これまでの証券会社は、顧客に頻繁に投資信託を売り買いさせて、その際に生じる手数料で儲けてきました。しかし、金融庁がそのような『乗り換え』手数料で儲ける仕組みを問題視した。

そこで、売買で手数料を取るのではなく、投資顧問料、口座管理料として定期的に手数料を生み出す新しい仕組みとしてセールスに注力しているのがファンドラップです。

今では大手の証券会社から信託銀行、ネット証券まで、あらゆる金融機関がファンドラップを売ろうとしています」