Photo by GettyImages
メディア・マスコミ エンタメ ライフ
柴咲コウが気の毒でならない…大河ドラマ『直虎』つまらなさの研究
月9ドラマを見ているよう

「悪いのは私ではないか」――謀反の罪をかけられた友に向け、涙ながらに語る姿に視聴者は心打たれた。……別の意味で。違う、このドラマが全く面白くないのは、柴咲コウのせいじゃないんだ。

代表作となるはずが

「柴咲さんは良い演技をなさっている。けれど、そもそもの題材選びが悪かった、というほかありません……」(上智大学文学部新聞学科教授・碓井広義氏)

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の視聴率の低下が危ぶまれている。初回視聴率は16.9%と今世紀ワースト2位を記録し、第11話(3月19日放送)の視聴率も13.7%と、低空飛行を続けている。

主人公の井伊直虎を演じるのは柴咲コウ。数々の映画・ドラマに主演してきたが、意外にも本作がNHKドラマ初出演である。彼女の代表作となるはずが、なぜここまで苦戦を強いられているのか。

 

本作のモデルとなった井伊直虎は、戦国時代、遠江の小領主・井伊直盛(杉本哲太)の一人娘として誕生。だが隣国の大大名・今川義元(春風亭昇太)との複雑な外交のあおりを受けて幼くして出家、次郎法師と名乗る。

その後、井伊家の家督を継ぐべき男らが次々と命を落とし、女性でありながら井伊家の当主となった数奇な人物である。

冒頭の碓井氏は続ける。

「主人公が女性だと、時代劇では立場上主軸になれないんです。歴代の大河ドラマでも、『八重の桜』は新島襄の妻、『花燃ゆ』は吉田松陰の妹、といった肩書になるように、どうしても脇役に甘んじてしまう。

今回の直虎も同様で、井伊家と、そして後に『徳川四天王』の一人となる井伊直政を陰ながら支える存在、という位置づけでは、大河ドラマを1年間引っ張るには弱すぎるでしょう」

また、直虎の治める井伊家自体も、高名なのは幕末「桜田門外の変」の大老・井伊直弼で、戦国時代の井伊直政となると認知度が低い。

歴史家で作家の加来耕三氏は言う。

「大河ドラマが成功する法則は、主人公の名前から同時代の人間を5人挙げることができるかどうか、と私は考えています。

『直虎』でいえば、当初出て来た人物のうち、一般に知られた名は今川義元ぐらいでしょう。それもドラマの中ではすぐに死んでしまいました。

そもそも直虎は生年が不明確で、本当に女性だったのか疑問視する声もあります。そんな曖昧な人物を主人公に持ってきても、視聴者は感情移入ができない。

物語ではよく知られた歴史上の人物も登場するので、見ていてどこまでがフィクションなのかと混乱してしまいます。架空の時代劇なら話は別ですが、大河ドラマは作り話をすればするほど、足を掬われてしまう、と危惧しています」

時代劇というよりラブコメ

実際に、柴咲を物語の中心に持っていくのは非常に厳しいようだ。

第8話「赤ちゃんはまだか」では、出家前の許嫁だった井伊直親(三浦春馬)・しの(貫地谷しほり)夫婦の子宝祈願に直虎が奔走するだけに丸々一話を費やした。

また、クールなキャラクターが持ち味とされてきた柴咲だが、『直虎』では感情の赴くままに動く幼い感じの演技が顕著となっている。