〔PHOTO〕gettyimages

W杯アジア最終予選、連勝した日本代表の「印象的なプレー」
この勢いを大事にしてほしい

ついにW杯アジア最終予選の後半戦がスタートしました。

日本は24日にアウェーでUAE代表、28日にホームでタイ代表と対戦。UAEには2-0、タイには4-0で勝利し、日本はB組首位に浮上しました。この勢いを大事にしてほしいです。

まず、2戦を通じてFW久保裕也の活躍は素晴らしかったです。2試合連続ゴールで目に見える結果を残しました。クロスでのアシスト、裏を狙う動きの質も高かったです。

本来はセンターフォワードの選手ですが、代表では右サイドです。右サイドからボールをもらう前の駆け引きで斜めに走り、ゴール前に侵入する。ドリブルで縦に突破する。久保の存在が日本の攻撃オプションを増やしたといっても過言ではないでしょう。

それにヴァイッド・ハリルホジッチ監督の選手起用も冴えていました。

〔PHOTO〕gettyimages

特に「ベテランの経験を優先する」と、MF今野泰幸を2年ぶりに代表に呼びました。今野もUAE戦でゴールを決めましたが、ボールを奪いに行くところ、奪いに行かずに相手の攻撃を遅らせるところの状況判断が良かったように思います。

 

必死の長友のプレー

大勝はしましたが、タイ戦ではミスも目立ったことが気になります。

ショートパスを相手にカットされて危険な場面を作られました。ロングパスを使う場面と、短いパスを繋ぐ場面と強弱をもっとつけたいですね。

ただ、タイからは“良いサッカーを目指すんだ”という姿勢が感じられ、僕には今回のタイがかつての日本代表のように見えました。勝ちきれないけども、一生懸命にプレーする。“昔の日本もこんな感じだったなあ”と思いました。きっとこの先、タイは面白いチームになると思います。

日本のポジティブな材料に目を向けましょう。