Photo by GettyImages
学校・教育 不正・事件・犯罪 政局 週刊現代 日本

森友問題で安倍ゴッドマザーが激怒「昭恵は総理夫人失格です!」

義母が恐すぎてアッキーは帰宅恐怖症に……

こんなことで盤石の政権が、わが一族が揺さぶられるなど、あってはならない――三代にわたって大物政治家を支えてきた88歳の「姑」が、いま怒りに震えている。嫁はついに追い出されるのか。

反省しない昭恵夫人

「母がカンカンに怒っているんだ。どれだけ言い訳しても耳を貸さなくて、参っている。この一件が出てきて以来、昭恵も自分も、富ヶ谷には帰りづらくなってしまった」

困り果てた表情の安倍総理は、ある親しい知人にこう漏らしたという。

東京都渋谷区富ヶ谷。安倍総理の私邸は、山手通りから少し入った閑静な住宅街に建つ。ベージュを基調としたモダンな3階建ての建物で、2階に安倍総理夫妻が、そして3階に総理の母・洋子氏が住む二世帯住宅となっている。

その安倍家が、火宅と化した。森友学園スキャンダルで、洋子氏が、昭恵夫人と安倍総理のあまりの「体たらく」に激怒しているのだ。

閣僚も務めた自民党ベテラン議員が言う。

「洋子さんはまず、すべての元凶となった、昭恵夫人の脇の甘さと危機感のなさにもっとも怒っている。森友の件が明るみに出てすぐ、自宅で説教をくらわせたと聞きます。

もうひとつは、総理がその場の勢いで『籠池(泰典・森友学園前理事長)氏は昭恵の人脈』とか、『もし私や昭恵が森友学園の土地取引にかかわっていたら、総理も議員も辞める』と口走ったことにも激怒している。

『総理大臣ともあろうものが、軽率に進退について口にするものではありません』と、洋子さんは安倍総理のことも強くたしなめたそうです。

森友スキャンダルは、安倍総理に関しては、いまのところ非合法な点は見当たらない。しかし、総理に対する国民の『心証』が悪化しているのです。

父の岸信介元総理、夫の安倍晋太郎先生と、二人の超大物政治家を支えてきた洋子さんは、その『心証』こそが政治家の命取りになることを熟知している」

 

第一次政権の二の舞になっては、今までの努力が水泡に帰す――岸家の娘に生まれ、安倍家を取り仕切り、あらゆる局面で息子・晋三を叱咤し導いてきた「ゴッドマザー」、それが洋子氏である。彼女は本能的な直感で、ことの重大さを見抜いているのだ。

安倍総理は、3月に入ってから19日に一人で欧州外遊に出かけるまでの間、週末のわずかな時間しか私邸に戻っていない。おそらくは、荷物の整理や身支度だけ済ませ、睡眠をとると、再び公務に出かけているものと思われる。

一方の昭恵夫人は、相変わらず、連日のようにイベントや講演会などに顔を出しては記念写真を撮り、フェイスブックに投稿している。しかし今や、私邸はもちろん、安倍総理が泊まる公邸にも帰りづらい状態だ。洋子氏や安倍総理と顔を合わせようものなら、すぐ叱られたり、言い合いになったりするからである。

「昭恵さんは知り合いに、『お義母さん(洋子氏)に叱られるのが怖い。あー、帰るのが憂鬱だわ』と愚痴を言っているほど」(前出・ベテラン議員)

いまや、総理と昭恵夫人が顔を合わせる機会はほとんどなくなってしまった。安倍家は「崩壊」していると言っても過言ではない。

「総理はこうも言っていました。『昭恵は本当に人の言うことを聞かないんだ。今回のことがあっても、相変わらず毎日出歩いてばかり。少しは懲りてくれるかと思ったんだけど……』。

しかし、われわれ聞いている側は『懲りる人なら、最初からこんなことにはなってませんよ』、『総理も昭恵さんにはいろいろと握られているから、強く言えないだけなんじゃないの?』と内心でツッコミを入れていました」(前出と別の自民党議員)

Photo by GettyImages

安倍総理と昭恵夫人は、言い分が大きく食い違っている。前述したように、総理はことここに及んでも、籠池氏と自らの関係を頑なに否定する。だが、昭恵夫人は周囲に対して、「そもそも籠池さんのところは、主人が訪問するのを取り止めたから、私が行くようになっただけ」と反論しているという。

さらに別の自民党議員は、こう見ている。

「この点に関しては、おそらく昭恵さんの言い分が正しいでしょう。安倍総理と籠池氏は、保守派で知られる平沼赳夫(衆院議員)さん、また総理の親友である加計孝太郎(加計学園理事長)さんを通じて知り合ったといいます。明らかに昭恵さんの人脈ではない」