Photo by iStock
歴史 東アジア

日本史上最大の愚挙!? 秀吉はなぜ「朝鮮出兵」を企てたのか

東アジアいがみあいの起源

日本、中国、韓国・朝鮮……。東アジア各国の関係は、ますます混迷をきわめている。領土問題にかぎらず、どうしてここまで仲が悪いのか。その本質は、歴史をたどらないかぎり明らかにならない。

このたび刊行が始まったシリーズ「東アジアの近現代史」(全6巻)は、東アジアのいがみあう現実の、歴史的な起源と形成過程をさぐり、問題の核心に迫っていく。

記念すべき第1巻『清朝の興亡と中華のゆくえ』より、すべてのはじまりとも言える秀吉の「朝鮮出兵」を扱った冒頭部を特別に公開!

すべては豊臣秀吉からはじまった

日本史上最大の愚挙――16世紀最末期、豊臣秀吉の朝鮮出兵のことである。

秀吉本人は「唐入(からい)り」、つまり大陸の征服をめざす壮挙だと誇ったし、またかつて戦前には、当時の大陸進出の魁(さきがけ)とみなして、賛美する声もあった。

しかし今の歴史的評価は、ネガティヴなところでおおむね一致しているだろう。日本人どんな立場であれ、大差はあるまい。

それでも日本列島では「朝鮮出兵」といって、なおニュートラルな称呼。それに対し、朝鮮半島では「倭乱(わらん)」と呼び、中国大陸では「万暦三大征」のひとつに数える。口にするだに否定的なニュアンスが漂う、といって過言ではない。

われわれ日本人も、それに何の不思議も感じなくなった。小さくは豊臣政権の崩潰(ほうかい)を招き、大きくは日本列島・朝鮮半島・中国大陸いずれにも、大きな災禍をもたらしたからである。残したのは、おびただしい人々の犠牲と怨嗟(えんさ)ばかり、まさに「愚挙」とよぶにふさわしい。

しかも「愚挙」は、たんなる昔話にはとどまらない。以後にも大きな影響をあたえた。目に見えるものばかりではない。われわれの必ずしも意識していないところにも及んでいる。

現在なお嶮(けわ)しい日中韓関係、「反日」の問題など、実はその典型である。

 

もちろん四百年以上の歳月を隔てるから、現代の局面と直接の因果関係があるわけでないし、誰も秀吉と現代を直結させて考えることはあるまい。しかし、目前のような日中韓相互の関係や感情の淵源を位置づけるなら、これより以前にさかのぼらせるのも不可能である。

「愚挙」の淵源と再現

史上最大、すべてがそこからはじまった、というゆえんである。

そうはいっても、いかに愚かであれ、行動を可能にする条件がなくては、愚挙は起こせない。そこには、物心両面の条件がある。

よく考えてみると、列島の人々が一丸となって大洋をおしわたり、半島・大陸に殴り込みをかけたのは、史上はじめてのことである。両者が武力で争った事件は、過去なかったわけではない。しかしかつての「蒙古襲来」は、向こうが海を越えて攻めてきたのであって、日本側は迎え撃つしかなかった。

ところが秀吉の時代は、攻守あい転じた。列島は三百年のあいだに、大軍が渡海遠征するだけの経済力・軍事力・政治力を身につけたことになる。

日本は戦国から天下統一の時代、生産力と人口を倍加せしめた大開発・高度成長のただ中にあった。史上最大の愚挙とは、増大の一途をたどったそんな力量の横溢でもあったわけである。

「朝鮮出兵」は確かに、秀吉の死とともに終止符を打った。けれどもそれで、何もかも終わったわけではない。まずその結果を前提に、以後の東アジアの歴史はすすんでゆく。いかに愚挙ではあれ、現実に起こってしまったことは、消してしまうわけにはいかない。

やがてその東アジアの歴史は、19世紀末・20世紀初、日清・日露の戦争を迎えた。日本は両次の戦勝を経て、半島を併合し、「満洲」に勢力圏を作ったから、秀吉の「唐入り」はいわば、三百年越しで実現したことになる。

中韓からする「反日」の前提も、これで定まった。