医療・健康・食 ライフ

「大人の発達障害さん」であるお妻様と「脳が壊れた」僕の18年間

【新連載】されど愛しきお妻様
鈴木 大介 プロフィール

働いたら負けでごじゃる

そんなこんなで結局、お妻様のOSがまともに起動し、キッチンに立ってバナナの皮をむき出したのは、起床41分後! 本当に君を見ているとwindows95時代のパソコンとか思い出しますよ。絶対インテル入ってない。

しかもバナナの実についている筋的なものが気になるお妻様はバナナの皮をむいて小さく切るだけの作業にみっちり5分をかけ、ついでにまな板を倒して「ごめんごめん」となぜかまな板に謝罪。

やっとミキサーにバナナと牛乳と豆乳を入れ、スイッチオン! したと思ったら、今度は自分の服についた糸のほつれが気になったらしく、作業中断。ハサミを出して糸をカットするも、切った糸はゴミ箱じゃなくコンロの方にポイ。ハサミは出しっ放しで、ミキサー再開……。

ようやくできたバナナジュースを手に取ったお妻様は、茶の間のテレビ前に落ち着くのであったが、ツッコミどころはさらに加速する。

ニュース専門チャンネルを見ながら唐突に

「ねーこのお父さん熟女好きなのかな?」

46歳の女性の息子が母親の再婚相手の男性(24歳)をハサミで刺したという報道の感想らしい。僕に話しかけているのか猫に話しているのかわからないし、いずれにせよ下らないので無視していると、

「ねえねえねえ、熟女好きだったのかなあ?」

知るか!!

そう言えばお妻様、あなたさっきコンロの方に糸ゴミポイ捨てして、ハサミも出したままですけど? 指摘すると、

「ふんどしふんどし イチゴパンティ」

ってお妻様、それは何かの言い訳の言葉なのでしょうか?(漫画『ワンピース』からの引用らしい)

いいから早く、その、一口飲んだだけで座卓に置きっぱなしバナナジュースを! 再び手に取りやがれ!

photo by iStock

「あとさあ、お正月のネイルどうしようか悩んでるんだよね。旭日旗にしたら右翼の街宣車に囲まれるかな?」
 
知らねえよ! 

「ニュースでさ、起訴内容と言うと、糞内容っていっつも聞き間違えるよね」
 
間違えねえよ! 

結局こうしてお妻様がバナナジュースの朝食を終えたのは、起床から1時間14分後なのであった。ハアハア……。

「さてお妻様、クイズです。今日、君が起きてから何分ぐらい経ったでしょうか?」

「えー、30分ぐらい?」

その2倍半ですよコノヤロー。

 

賢明な読者の皆さんはお気づきでしょう。お妻様は、いわゆる大人の発達障害さんである。注意障害が激しく、ひとつの作業をしていても、目に入った他のものに注意をそがれると、本来やっていた作業を遂行することがまずできない。

テレビを見ながら食事などしていると、1時間以上かけて「おかず1品のみ」ということもある。遅いのはほかのことに気を取られてしまうから。1品のみなのは、他の皿の存在に「気付かない」からだが、別にうちの食卓は貴族のテーブルみたいに端っこから端っこまで何メートルもあるわけじゃない。

逆にスイッチが入って何かに集中すると、時間の感覚を喪失するようで、1000ピースもある糞面倒くさそうなジグソーパズルを半日で仕上げたりもする。このスイッチがだいたい夜中に入るものだから、寝るのはたいがい夜明け間近ということに……。

自発的に行う家事と言えば、猫の世話のみ。

入れてやらなければ風呂にも入らない(体臭がほぼゼロなのでそれでもスッキリした顔をしているのがまた腹立つ)、食べさせないと野菜絶対食べない、こちらが無視していてもひたすら何か(猫とかクモとかカマキリとか金魚とか窓にひっついたヤモリとか)と話しているし、連れ出さなければ一歩も自宅を出ないし、率先して家事はやらないくせに10年来無職の無収入で、平然と「働いたら負けでごじゃる」とか言いやがる。