Photo by iStock
野球
【春のセンバツ】プロのスカウトが注目する8選手を見逃すな!
早実の清宮だけじゃない

テレビ観戦する高校野球ファンにとっては「センバツで鮮烈デビュー」の高校生でも、プロのスカウトはすでにその存在を知っている。今の時代、「野球選手は中学で人生が決まる」と言われているのだ。

履正社・竹田が面白い

「実力を考えると、やっぱり去年秋の明治神宮大会で優勝した履正社(大阪)が優勝候補の筆頭でしょう」

元横浜高校野球部部長として、筒香嘉智ら幾多のトップ選手を育ててきた小倉清一郎氏は、センバツの優勝の行方を、こう占う。

「今回の大会は、去年と違って、ピッチャーでコレっていうのがいないけど、履正社の竹田祐(3年)は頭一つ抜けている。150km近く出るうえに、左右どちらのバッターが相手でもインコースにしっかり決まる。将来性はピカイチだから、注目すると面白いですよ」

小倉氏が賞賛する通り、昨秋の神宮大会の決勝では、3回途中から3番手で登板。勢いのあった早実打線を無失点に封じ、初優勝に導いている。

中学時代、竹田が所属していた生駒ボーイズの喜多吉嗣副代表が言う。

「普通、エースというと覇気があるというか『俺が、俺が』ってタイプが多いですけど、竹田はまったく違った。大人しくて、いつもみんなの後ろにいてニコニコ微笑んでいる子でした」

真面目で穏やかな、どこにでもいる中学生。そんな印象が漂うが、ひとたびマウンドにあがると、只者ではない「風格」をまとったという。

「とにかく肝が据わっているというか、中学生とは思えぬマウンドさばきなんです。ピンチにも顔色をまったく変えない。ウチのチームは大量得点を狙えるわけではなかったけれど、『3点取れば竹田がなんとかしてくれる』という感じでした。

監督もコーチも『アイツが投げれば勝てる』と全幅の信頼があった。大人からあんなに頼りにされる中学生、なかなかいないですよ」(喜多氏)

Photo by iStock

履正社の「投の怪物」が竹田なら、「打の怪物」はこの男。安田尚憲(3年)。高校通算本塁打は45本。「東の清宮、西の安田」と並び称されてきた逸材だ。

神宮大会決勝では、1回に清宮が右翼席へ運ぶと、3回に負けじと安田が同じ方向にはるかに大きな一発を叩き込み、ライバルを超えるパワーを見せつけた。

安田は、元阪神・赤星憲広氏がオーナーを務めるレッドスターベースボールクラブの出身。

同チーム代表の岡田哲也氏が振り返る。

「あれほどの才能があると、勘違いして開花しないまま終わってしまう選手も多く見てきましたが、安田はそういうところがなかった。ご両親ともアスリートで、家庭の教育の賜物だと思います」

 

両親が医者のスーパー内野手

岡田氏がこう語る通り、安田の父は昨年12月の全国高校女子駅伝で優勝した大阪薫英女学院の安田功監督。母も陸上選手で、兄の亮太はPL学園時代に正捕手として2回甲子園に出場。あの前田健太とバッテリーを組んでいた。まさに「スポーツ一家」だ。

「身体的な能力はご両親から受け継いだのでしょうが、加えて安田には謙虚さがある。赤星も『アイツは楽しみだ』と常々言っていました」(岡田氏)