Photo by iStock
学校・教育 野球

部員たったの10人!春のセンバツ、不来方高校の「弱者の兵法」

守備練習はもうやらない

「守備練習はもう、やらない」

不来方は、総勢10人。つまり補欠は一人だ。控えの三塁手で、1年生の齊藤圭汰に聞かずにはいられなかった。

――一人でベンチいるの、さみしくない?

「さみしいです。嫌です。練習試合ならいいけど、公式戦は……。僕だけ戦っている感じじゃないので、それがけっこうこたえる。甲子園はテレビカメラがあるんで、(守備の時間は)こっちのベンチを映さないで欲しいですね」

おそらく君のところにも取材がたくさん来ると思うけど、と追い討ちをかけると「嫌だな~」と顔をしかめた。

齊藤は昨秋、地区予選3試合は先発出場したが打撃が振るわず、岩手県大会では控え投手の舟山純平(2年生)にポジションを奪われてしまった。舟山は地区予選の初戦で先発したものの打ち込まれ、以降は野手に専念していた。

齊藤と、その舟山のやりとりは、まるで漫才の掛け合いのようだった。

「純平さんが打たれな……」

「(齊藤の言葉を遮るように)すいません!」

「あそこで抑えてたら、僕がそのままサードだったのかもしれないのに」

「(齊藤の方へ口を突き出し)もう、譲らねえよ!」

でも、まだ齊藤もあきらめてはいなかった。

「甲子園の前に、まだ練習試合とかあるので、そこで結果を出せば……」

Photo by iStock

不来方の選手たちは、いわゆる高校野球的な「高校生らしさ」に染まっていない分、本当の意味で高校生らしかった。自由に語るし、何より野球を楽しんでいる。30歳と若い小山健人監督は言う。

「僕も滅多に怒らないので伸び伸びやってる。せめて野球くらい、楽しくやったらいいんじゃないですか」

その小山は昨年夏、選手たちにこう宣言した。「もう、守備練習はやらないから」。
8月以降、シートノックさえまったくと言っていいほどやらなくなった。守備練習の範疇に入るのは、最初のキャッチボールと、フリー打撃の際の守りだけ。

小山に、思わず尋ねた。

――守備って、練習しなくても何とかなるんですか?

「なりません! ははははは。言い方、難しいんですけど……勝とうと思ってやってない。勝てたらラッキーぐらいに思ってるんで」

 

「選択と集中」オレたちは打って勝つ

監督の「ご乱心」を選手たちは大喜びで迎え入れた。チーム一の巨漢、身長170㎝ながら体重91kgでレフトを守る菅原岳人は、あっけらかんと言ってのける。

「僕は守備、嫌いだったんで、ラッキーって。うまくなる感じがなかった。練習して、うまくならなかったらショックじゃないですか」

サードの舟山は、超攻撃型を打ち出したことによる副産物をこう話す。

「バッティング練習のほうがおもしろい。楽しいから、毎日の練習のモチベーションも上がるんですよ」