Photo by gettyimages
社会保障・雇用・労働 政治政策

年金「運用黒字」のワナ 〜そもそもGPIFは本当に必要なのか

国民が目を光らせなければいけないこと

二種類の運用方法

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の'16年10~12月期の運用結果が、10兆円を超える「黒字」となることが分かった。

GPIFは国民から集めた厚生年金や国民年金の積立金を、国内外の債券や株式に分散投資する機関である。'14年に運用資産の構成を見直し、株式投資の割合を約50%と倍増させたところ、'15年度に5兆円超の赤字を出し、マスコミなどの批判の対象となっていた。

今回は株高に支えられて多額の黒字が出たということだが、そもそもこうした短期的な成績の良し悪しでGPIFを評価することに意味はあるのだろうか。

 

まず年金の財政運営について、積立方式と賦課方式という二種類があることを押さえておきたい。

積立方式は、一般の人が持つ年金のイメージ通りで、積み立てた年金保険料を運用し、将来の年金給付に充てるというものだ。これは、民間の生命保険会社などが提供する「私的年金」と同様の財政運営方式である。

他方、賦課方式はちょっと理解しにくい。いま払い込まれた年金保険料はいまの年金給付に使われ、将来の年金給付は将来の年金保険料で賄うというものだ。

ちなみに現在の国の公的年金は、保険料に国庫負担金を合わせたものの9割以上が賦課方式で運営され、残りの1割未満が積立方式になっている。とはいえ、公的年金は巨額で、数パーセントに過ぎない積立金でも130兆円にのぼる。

積立方式の私的年金では、運用成績は年金給付額に直結する。しかし、賦課方式の公的年金では、運用成績は年金給付と無関係である。

ほぼ賦課方式の日本の公的年金では、たとえば運用成績が10%良くても悪くても年金給付には1%未満の変化でしかない。年金が国民のカネで成り立っている以上、一喜一憂するかもしれないが、実際のところあまり意味がない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら