96年、マイアミの奇跡〔PHOTO〕gettyimages
サッカー
サッカーよりも遊びの方が…本業を忘れてしまったストライカー
安永聡太郎Vol.4

【Vol.1はこちら、前回はこちら

鮮烈な五輪代表デビュー

Jリーグというプロ化によって、日本のサッカー選手は逞しくなり、世界に名乗りを上げられるようになった――。

いわゆる“ドーハの悲劇”で94年ワールドカップアメリカ大会の出場権は逃したものの、95年ワールドユースと翌96年のアトランタ五輪という世界の舞台を踏んでいる。この経験が日本のサッカーを大きく変えることになったのは周知の通りである。

安永聡太郞はその双方に関係がある――。

アトランタ五輪日本代表が始動したのは、94年1月のことだ。

中心となったのは、93年ワールドユースの出場を目指した日本ユース代表だった。この代表はアジア予選で3位となり、出場権を逃している。西野朗監督、山本昌邦コーチは、選手を入れ替え、チームを形づくっていった。

フォワードの中心は、小倉隆史、城彰二、松原良香の3人だった。

ところが――。

95年5月、アジア一次予選第1ラウンドがタイで行われている。初戦のタイ代表との試合で、小倉は後方からのタックルを受けて怪我を負った。右膝内側側副靱帯損傷、全治3週間と診断された。

急遽、小倉に代わるフォワードが必要となった。直前のワールドユースで日本ユース代表はベスト8進出を果たしていた。当時の日本の若手選手の中で世界基準のサッカーに触れていたのは彼らだけだった。そこで9番をつけていた安永に白羽の矢が立ったのは当然のことだったろう。

安永はワールドユースのチームメイトであった中田英寿や松田直樹を差し置いて、最初に五輪代表に呼ばれたのだ。

安永の五輪代表デビューは鮮烈だった。

6月11日、名古屋で行われた一次予選第2ラウンド――。台湾代表戦の後半開始と同時に、安永は交代でピッチに入った。1分、前園真聖のフリーキックに安永は飛び込み、得点を決めたのだ。

このシュートは安永のファーストタッチだった。ただし、彼は後半40分にレッドカードを貰い退場処分となっている。肝心なところで不完全燃焼に終わってしまうという、その後の人生を暗示しているかのようだった。

遊びを覚えてしまった

彼のストライカーとしての才能は間違いなかった。しかし、小倉の代役として確固たる信頼を得るまでには至らなかった。

理由ははっきりしていた。

年が明けた96年1月末からマレーシア合宿が行われた。この時期は、Jリーグのシーズンとシーズンの合間に当たる。選手にとっては体を休める期間でもある。ただ、五輪代表選手は別だ。3月にアジア二次予選が控えていたのだ。

きびきびと走り回る選手の中で、安永の動きは鈍かった。彼はプロ入りして初めての休暇を満喫して、練習を怠っていたのだ。

当時について安永はこう振り返る。