〔PHOTO〕gettyimages

日本ボクシング界をリードする山中、井上、井岡がもし対決したら…

記録よりも記憶の勝負を

いま、日本人のプロボクシング世界チャンピオンは、暫定王者(WBO世界ミニマム級)の福原辰弥(本田フィットネス)を含めて9人いる。

その中で、人気、実力両面で日本のボクシング界をリードしているのは次の3人だろう。
 
 山中慎介(帝拳=WBC世界バンタム級王者)
 井上尚弥(大橋=WBO世界スーパーフライ級王者)
 井岡一翔(井岡=WBA世界フライ級王者)

 

山中は、さる3月2日、東京・両国国技館で挑戦者カルロス・カールソン(メキシコ)を7ラウンドTKOで破り、12度目の王座防衛に成功した。

次のタイトルマッチで王座を守ると、具志堅用高(元WBA世界ジュニアフライ<現ライトフライ>級王者)が築いた13度王座防衛の日本記録に並ぶことになる。
 
井上はプロ8戦目で世界2階級を制した“モンスター”だ。昨年12月30日、東京・有明コロシアムで元WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平(ワタナベ)を6ラウンドTKOで下し、4度目の防衛を果たした。

「パウンド・フォー・パウンド最強」と称されるローマン・ゴンサレス(ニカラグア=4階級制覇の現WBC世界スーパーフライ級王者)との対決に照準を絞っている。
 
そして、4月23日にエディオンアリーナ大阪で、現在61連勝中のノクノイ・シットプラサート(タイ)を相手に5度目の防衛戦を行う井岡。世界最速で3階級を制覇した彼は、「超攻撃型」のスタイルを標榜し、4階級制覇を目論んでいる。
 
階級が1つずつ異なるとはいえ、フライ級(50.8キロ以下)からバンタム級(53・52キロ以下)の間に、この3王者はいる。この3人の中で果たして誰が一番強いのだろうか?
 
軽量級というと、テクニックを重視され判定決着が多いのが常である。だが、この3人は違う。一撃で相手を倒すハードパンチを備えており、そこが魅力なのだ。

世界タイトルマッチの枠を飛び越えて、この3人における直接対決を観たいと思うのは私だけではないだろう。