〔PHOTO〕河出書房新社
メディア・マスコミ 学校・教育
国民的番組「青年の主張」が映してきた若者と日本社会の半世紀
いまだ解けない「まなざし」の呪縛

「青年の主張」とは何だったのか

あの「国民的番組」の呪縛から解放された世代なんだけど……。そう呟きながら、Shout it Outの楽曲「青年の主張」を聴いている。いま「青年の主張」で検索すれば、何はともあれこの人気バンドのファーストアルバム(ポニーキャニオン)にヒットする。限定版CDの商品説明はこうだ。

2016年7月のメジャーデビュー後、メンバー2名の脱退などを乗り越えながら、着実に一歩ずつ前に進むバンドの「今」を詰め込んだ作品。20歳となった山内彰馬(Gt&Vo)が描く、葛藤・挫折・現実・夢・希望・決意、そして青春。等身大のメッセージが響く…

Shout it Out「青年の主張」ジャケット

セーラー服姿の凛々しい少女が海上の演壇に立つCDジャケットも、あの懐かしい番組をまったく意識していないわけでもなさそうだ。中年以上の読者なら、正式名称「NHK青年の主張全国コンクール全国大会」(以下、「青年の主張」と略記)を思い出すはずだ。

このラジオ番組は1954年に勤労青年を中心とした社会教育番組として企画され、1989年1月15日の第35回大会で「昭和の終焉」とともに終わった。その後も「青春メッセージ」とタイトルを変えて2004年までトータルで全50回、ちょうど半世紀続いた弁論イベントである。

1960年の第6回大会からテレビでも放送され、1962年の第8回大会から皇太子(今上天皇)夫妻の行啓が始まり、1986年の第33回大会で浩宮(現・皇太子)にバトンタッチされて以後も、1996年放送分までその臨席は続いた。

1970年代のピークには視聴率は15%に達していたので、当時は少年だった中高年の読者も、あるいはタモリやとんねるずのパロディを介して記憶があるはずだ。

 

とはいえ、Shout it Outの山内は1996年生まれなので、「青春メッセージ」ならともかく、「青年の主張」は見ていないはずだ。「葛藤・挫折・現実・夢・希望・決意」を「等身大のメッセージ」として伝える楽曲のタイトルは、なぜ今なお「青年の主張」なのか。あの番組の「まなざし」がもつ呪縛から私たちはいまだに解放されていない。

そのCD発売より2ヵ月早い2017年1月、私は『青年の主張―まなざしのメディア史』(河出ブックス)を上梓した。いつもどおり新刊は知人(多くは大学関係者)に献本した。だが、今回いただいたお礼の返信は、前著に対するそれとはいささか異なっていた。そのギャップから、この番組の呪縛力に改めて気づいた。

前著とは、岩波書店のPR誌『図書』を扱った『「図書」のメディア史―教養主義の広報戦略』(岩波書店・2015年)である。これに対しては、「高校時代から『図書』を欠かさず愛読してきました」、「いまも読書生活の導きです」など岩波文化への愛情を綴った手紙が多かった。「『世界』のイデオロギーと闘ってきましたが、私の書斎はいまも岩波書店の本でいっぱいなのです」と嘆く保守派論客さえいた。

これに対して、「青年の主張」を扱った今回、「知っていますが、一度も観たことがありません」、「聞こえてくると、急いでチャンネルを変えた番組です」など、まず自分との距離感を強調する言葉が並んでいる。

ある歴史学の大家は「帯に『国民的番組』とありますが、私は『国民外の存在』でした」とまで書いている。もちろん、その後に「戦後史を考える上で忘れてはならぬ現象を見落としていたのかもしれないと感じています」と、お褒めの言葉が続くわけではあるのだが……。

それを予想していなかったわけではない。私自身、番組への違和感から書き起こしている。