国際・外交
「兄は失恋で涙を流す、繊細な男」ドゥテルテ大統領・妹の告白
家族だけが知る素顔とは

ヤンチャな兄

「兄は当時、とても反抗的で、校則や規則を守らなかった。高校生の時は授業をサボりすぎて退学処分を受け、別の高校へ転入させられてしまいました」

ドゥテルテ大統領(71)の実妹・ジョセリンさん(68)は、兄の学生時代をそう振り返った。ここはフィリピン第三の都市、ダバオ市にある高級ホテルのラウンジ。真っ赤なブラウスに身を包んだ細身のジョセリンさんは、最初はやや固い表情をしていたが、兄のやんちゃぶりを語るにつれて徐々に頬が緩んできた。

「自宅では母親が厳しく、夕方の門限を守らなかった兄はよく、祭壇の前で座らされていました。鞭打たれたこともありました」

ドゥテルテ政権が2016年6月末に発足して以来、7カ月にわたって強行した麻薬撲滅戦争(1月末から一時中断)の死亡者数は7600人を超えた。「麻薬密売人を喜んで殺す!」「オバマ大統領は地獄に堕ちろ!」などの暴言で世界中から耳目を集め、国連を中心に国際社会から非難の集中砲火を浴びてきたが、国内では依然として高い支持率を得ている。

ダバオ市長時代には禁煙、年末花火禁止条例など、規制や犯罪取締の強化に務めてきた大統領だが、ジョセリンさんによると、幼少期は自身が規制に縛られるのを嫌がったというのだ。

 

メディアで報じられてきた強権的なイメージだけでは語れない何かが、この男にはあるかもしれない。等身大のドゥテルテ像を浮かび上がらせるには、若かりし頃の思い出話がヒントを与えてくれるのではないか。

そんな疑問に答えてくれそうな適任者はやはり、同じ家庭環境で育った兄弟だろう。フィリピンを拠点にノンフィクションライターとして活動する私はそう思い立ち、関係者を通じてジョセリンさんに接触を試みた。すると大統領に関する意外なエピソードが彼女の口から次々と飛び出したのだ。安倍晋三首相が日本から来比した、1月中旬のある昼下がりのことだった。

 真っ赤なブラウス姿のドゥテルテ・ジョセリンさん(68)は、学生時代のやんちゃぶりや失恋に涙するなど大統領の若かりし頃のエピソードについて語った(筆者撮影)