Photo by iStock
経済・財政
おかしな「NYダウ最高値」アメリカのバブルに警戒せよ
当面は上昇基調だが…

過熱、過熱、過熱

3月1日、ニューヨークダウ工業株30種インデックス(NYダウ)が史上初めて21,000ドルを上回った。

2月9日から27日までNYダウは12営業日続けて上昇し、ハイテク関連銘柄の多いナスダック、主要大企業の株価動向を示すS&P500指数もそろって過去最高値を更新した。中小型株は大型株以上に上昇し、総じて米国株式市場の過熱感は高まっている。

2009年3月、NYダウはリーマンショック後の最安値水準である6,500ドル台をつけた。そこから株価は3倍以上上昇している。

徐々に、株価の割高感も出始めているが強気な投資家は多い。株価の水準を表す株価収益率=PERなどを見る限り、米国株式市場ではバブルが発生していると見るべきだろう。

ノーベル経済学賞受賞者である、イェール大学のロバート・シラー教授などは、以前から米国市場の株高に警鐘を鳴らしている。

現時点で米国経済は良好であり、当面は株価が上昇基調で推移する可能性はある。しかし、それが永久に続くことはない。今後の株価動向は慎重に見ていくべきだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら