Photo by iStock
医療・健康・食 ライフ 週刊現代

病気は早く見つけるほど早く死ぬ〜医者が言わない「不都合な真実」

だから健康診断は受けないほうがいい

健康診断の数値やがん検診の結果に一喜一憂している人は多い。だが、これほど熱心に「職場健診」や「人間ドック」を行っているのは日本だけだ。過剰診断や無駄な手術の温床になっている検査ビジネスの不都合な真実。

「前立腺がん」は見つけないほうが長生きする

「日本ではがん検診の普及により、どの年齢層でも発見率は急激に上がっています。特に前立腺がん、乳がん、子宮頸がんの発見率の増加は著しいものがある。ただし、それらの病気による死亡率は横ばい、もしくは増加している。

本来であれば、検査技術が向上し、早期発見ができれば死亡率は減るはずです。しかし、現実にはそうなっていない。

考えられる主な死因は、不必要な手術や抗がん剤による『治療死』でしょう。統計上、治療死という項目はありません。たとえ、無駄な手術を行って患者が亡くなったとしても、それはがんによる死亡者数としてカウントされる。

つまり、発見されるがんが増えているのに、死亡率が上がっているということは、放っておけば良いはずのがんを早く見つけて、患者を早く死なせているということなのです」

こう語るのは、「がんもどき」理論で知られる医師の近藤誠氏。

治療しなくても症状が悪化することのないがんを発見してしまい、治療に取り組むことを「過剰診断」という。近藤氏は近著『健康診断は受けてはいけない』(文春新書)でこの問題に切り込んでいる。

定期的な健康診断や人間ドックなどでの検査技術は日々進化し、異常を早期発見することが可能になった。しかし、その病気による死亡率は必ずしも低下しない。米ダートマス大学医学部教授H・ギルバート・ウェルチ氏が語る。

「人間の身体にはそもそも異常がたくさんあり、病理学上『がん』と診断されるものも多い。しかし、患者の寿命に影響しない『がん』もあることが、最近になってわかってきました。その典型例が前立腺がんです」

前立腺がんは、進行がゆっくりしているものが多く、がんが見つかったとしてもすぐに治療する必要のないケースがほとんど。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が解説する。

「前立腺がんの診断方法として有名なのがPSA検査です。PSAとは前立腺だけで発生するタンパク質のことで、血液中にこの物質の量が増えるとがんの可能性が高いとされています。

しかし、米国臨床腫瘍学会は『平均余命10年未満で、尿が出にくいといった前立腺に関係した症状がない男性に対してPSA検査をしてはならない』と断言しています」

 

興味深いデータがある。上のグラフを見てほしい。'80年代以降、アメリカではPSA検査が急速に普及し、前立腺がんの発見数が3倍になった。一方、イギリスではPSAは普及していないため、発見数はそれほど大きく増えていない(それでも前立腺肥大の手術の増加によって、がんの発見数は少し増えている)。

これだけ見ると、アメリカでは前立腺がんを早い段階でたくさん発見することができ、その死亡率は大幅に下がったはずだろうと考えたくなる。

しかし、現実は違った。

アメリカでもイギリスでも前立腺がんで亡くなる人の割合はほとんど横ばい、むしろ微増だったのだ。これは過剰診断がかえって早い死を招いていることの証左だろう。

「PSA検診は1000人に1人くらいの割合で、前立腺がんの患者を死から救うことができます。しかし、同時に他の多くの患者が不必要な手術を受けることになり、なかには死に至る場合もある。

たとえ、手術で死ななくても、男性機能を失ってしまう恐れもあります」(前出のウェルチ氏)

アメリカではPSAで前立腺がんはたくさん見つかっているが、死亡数は減っていない

「がん探し」が寿命を縮める

PSA検査で腫瘍マーカーが上がっていれば、通常、前立腺に12本の針を刺して組織を採取する「前立腺生検」を行う。医療コンサルタントの吉川佳秀氏が語る。

「がんであるかどうかは、病理医が判断するのですが、病理医は全国に2362人しかいません。東京には420人いるのですが、地方に行けば非常に少ない。たとえば福井県は12人しかいません。

通常、複数の病理医がチェックして生検の判断を下します。しかし、これだけ人材不足になると、一人の医者が診ることになり、がんなのにがんでないと判断したり、その逆であったり、ミスを犯す可能性が高まります」

Photo by iStock

せっかく検診を受けても、病院の体制が未整備だったり人材不足だったりすると、信じられないようなミスが起こりうるのだ。

日本でもアメリカと同様に前立腺がんの発見数は大幅に増えている。だがやはり、がんの早期発見は死亡率の低下につながっていない。それどころか、高齢者の前立腺がんの死亡数は増加している。

「死亡数が増えた原因は手術と抗がん剤でしょう。50歳を超えると体力的に、治療に耐えられなくなる人が増えるのです。

そもそも前立腺は骨盤の奥にあり、膀胱や直腸が接しているため手術が難しい場所なのです」(前出の近藤氏)

歳を取れば、誰でも体にガタがくるもの。命に別状のない異常まで治療しようとして、かえって寿命を縮めてしまってはたまらない。医者の言いなりに「がん探し」に躍起になるのは、もうやめたほうがいい。