あの感動をもう一度!〔PHOTO〕GettyImages
野球

WBC日本代表、壮行試合で垣間見えた「ある深刻な不安」

【開幕直前レポート】

お金を払って見る価値のある守備

この2年間、広島カープが一種の社会現象のように日本中で盛り上がったのは、おそらくその過半の原因を、黒田博樹の“一球の重み”復帰が担っていた。

その黒田氏が引退した今季、カープで最も人気があるのは、菊池涼介ではあるまいか(ベテラン新井貴浩とか、“神ってる”鈴木誠也もいるけれど……)。

彼の守備は、高いお金を払って、わざわざ球場に見に行くに十分値する。1試合に1度や2度は、必ず、まさかというようなファインプレーを見せてくれるのだ。

菊池涼介選手〔PHOTO〕gettyimages

だから、日本代表の小久保裕紀監督が、WBCでは山田哲人に二塁を守らせる、と発言したとき、「なぜ?」と思った人も多いのではないか。たまたま手元にある新聞記事を引用すると、かの伊原春樹さん(元西武監督、というより名三塁コーチ)は、こうおっしゃっている。

<菊池はやはり二塁で使うべきだ。あの守備力を生かさない手はなく、山田をどうしても使いたいなら、一塁で使えばいい>(東京スポーツ1月26日付け「新鬼の手帳」)

<スローイングに難のある山田は三塁ではなく、一塁のほうが向いている>とも念を押している。

ふーん。山田って、そうなんですか。

だけど、日本代表の壮行試合として行われた2月25日の福岡ソフトバンク戦、2月28日の台湾プロ野球選抜戦は、その言葉とは裏腹に小久保監督は菊池を2番セカンドで起用し、山田は1番DHだった。

菊池は2試合で8打数6安打と絶好調ぶりをアピールしたが、山田は9打数1安打の不振(もっとも翌1日の台湾戦は、山田はセカンドで先発し、先頭打者ホームランを放ったのだが)。

もちろん、あくまで壮行試合であって、WBC本番は3月7日のキューバ戦からである。フタをあけてみれば、山田がセカンドで先発して大活躍するかもしれないし、たかだか2~3試合で、もの申すのは軽率のそしりをまぬがれないだろう。

ワールドクラスの二塁手・菊池

しかし、それでも、日本代表のセカンドは菊池だ、と言い続けたい。

ド派手な超ファインプレーが魅力の菊池だが、実は、打球の正面に入ってからグラブをきっちりと正対させて捕球する技術が、一番すごいのではないか、と常々思っている。

 

他の二塁手なら飛び込んでいって捕球まではいっても、一塁には間に合いませんでした、ああ残念、といういかにもプロらしい、見せるプレーがありますね。そういう打球に対して、菊池は瞬間のスピードで、打球の正面に入るように足を運んで捕る。

そして、他の野手なら普通にヒットになるような打球には飛びついて捕って、しかも起き上がって一塁に強い送球をする。さすがにセーフになることもあるが、このスリルは見ているだけで、たまらない。

「世界一の二塁手」と断言する評論家も何人かいらっしゃる。私もそう思いたい。

ただ、世界は広い。昨年のワールドシリーズを見ていて、優勝したシカゴ・カブスの二塁手には驚いた。

ハビアー・バエズ。動きのスピード、守備範囲、派手なファインプレーは、まさにメジャーリーグの菊池である。正直言って、菊池よりも肩はさらに強いのではないか、と感じた。だからまあ、菊池は、世界一、二のセカンドである、と言っておこう。

実は、その菊池でさえ、というプレーがあった。2月25日の日本代表-ソフトバンク戦である。