Photo by GettyImages
格闘技

カネロ対チャベスJr戦はなぜ好意的に受け入れられているのか

突っ込みどころ満載だが…

【5月6日 ラスベガス T-モバイルアリーナ】
スーパーミドル級(契約ウエイト164.5パウンド)12回戦
WBO世界スーパーウェルター級王者
サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ/26歳/48勝(34KO)1敗1分)
vs.
元WBC世界ミドル級王者
フリオ・セサール・チャベス・ジュニア(メキシコ/31歳/50勝(32KO)2敗1分)

カネロとチャベスはアメリカ複数都市、メキシコを回る会見ツアーを行うなど、ライバル対決は話題沸騰している Photo By Rich /Golden Boy Promotions

5月のシンコ・デ・マヨ(メキシコの祝日)周辺には毎年ビッグファイトが組まれるのが恒例だが、今年はメキシカンのライバル対決が用意された。“カネロ”の愛称で親しまれる人気者と、偉大な父を持つチャベスJrが激突。ネームバリューは抜群の者同士だが、背景的にはちょっと微妙なカードでもある。

カネロは昨春に「本格的なミドル級の身体を作る時間が欲しい」と表明し、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)との対戦を避け、ミドル級からスーパーウェルター級に戻った経緯がある。

それにもかかわらず、ここで一気にスーパーミドル級の範囲内まで昇級。ここまで露骨にゴロフキンの周囲を迂回すれば、マッチメークに批判を浴びても仕方あるまい。

一方、チャベスJrは、2012年9月にWBC世界ミドル級タイトルを失って以降は低迷気味。頻繁に計量失敗を繰り返し、そのプロ意識に疑問を呈する声は後を絶たない。現時点でのチャベスJrは、HBO PPVでメインイベントを張るべき選手ではないと酷評されても当然だろう。

最近は株が大きく下がったチャベスだが、一時はカネロ以上に期待された時期もあった Photo By Rich /Golden Boy Promotions

絶好の試金石となる“伝説の息子”

ただ、これほど突っ込みどころ満載のマッチメークながら、この試合はボクシングファンの間で比較的好意的に捉えらえている感がある。それはいったいなぜなのか。詳しく掘り下げていくと、3つの根拠が見えてくる。

1、チャベスJrは体格的に恵まれており、カネロにとってゴロフキン戦前の格好の練習台になる

これまで紆余曲折あったが、カネロとゴロフキンが9月に対戦の線で交渉を進めているのは事実のようである。カネロをプロモートするゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)にとってはまずは予定通りと言える。

 

しかし、昨年までWBC世界ミドル級王座を保持していたにもかかわらず、カネロはまだ160パウンドのミドル級リミットで試合をした経験が一度もない。そんな26歳の2階級制覇王者にとって、過去5戦はすべて167パウンド以上で戦ってきたチャベスJrとの対戦は格好の試金石になる。

会見の写真などを見れば明白な通り、チャベスJrはカネロよりもひと回り大きい。計量後の規制はないため、チャベスJr本人は試合当日には180パウンド前後の体重でリングに上がることを明言している。

GBPはこれまで慎重にやや小柄な対戦相手を選んできた感があるが、ここでカネロはついに自身を遥かに上回るサイズのファイターと対戦することになる。

練習嫌いゆえにキャリアは頭打ちではあっても、チャベスJrの潜在能力は多くの関係者が認めている。“伝説の息子”が大舞台で最高のコンディションを作り、サイズを上手く利用して戦った場合、カネロが手を焼くことも十分に想像できる。

「今回の試合は私が懸命にプロモートする必要すらない。チャベスJr、カネロは後ろに引くことを知らない選手たちだからね」

GBPのオスカー・デラホーヤはそう述べたが、実際には今戦が真っ向からの打ち合いになるかどうかは疑わしい。カネロは慎重に攻防を組み立て、判定勝負が濃厚ではないか。

意外にもつれそうな予感を漂わせていることも、この試合がかなりコアなファンにも受け入れられている理由の1つである。

人気ボクサー同士の対決だけに、会場のTモバイルアリーナは2万人近いファンで膨れ上がることが確実 Photo By Rich /Golden Boy Promotions