Photo by gettyimages
地震・原発・災害

なぜ京大生は「最近地震が多い理由」を答えられなくなったのか?

おもしろくてためになる「地学のススメ」

いまからでも決して遅くない

「情熱大陸」というTBSテレビ系の全国ネット番組がある。ちょっと変わったことに情熱を傾けている人を追うこの人気番組に、私も2015年11月に出させていただいた。

そのなかで、私が京大生に説教している場面が映し出された。激烈な入試を突破した彼らは、しかし、受験科目以外のことはほとんど何も知らない。たとえば、「近頃こんなに地震が多いのはなぜか?」という質問に答えられないのだ。

実は、ここには深いワケがある。現在、日本の高校生の大部分は「地学」を学んでいない。かつての高校理科では、物理・化学・生物・地学が全生徒の必修科目だった。よって、地震や噴火や気象災害に関する最低限の知識は、誰もが持っていた。

 

ところが、多くの大学の受験科目から地学が外されてから、地学を開講しない高校が次第に増えてきた。その結果、地学のリテラシー(読み書き能力)は中学生のレベルで止まったまま、という日本人が激増してしまったのだ。よって私は京大生に毎年、「地学的には君たちは義務教育を終えただけの中卒だから、もう一度高校をやり直してほしい」と宣言しているのである。

最近の日本では地震や噴火がやけに多いことに、みな不安を抱いている。その一方で、これが2011年に起きた東日本大震災(いわゆる「3・11」)と関係があることを知る人は少ない。

実は、いまの地震と噴火の頻発は、「3・11」によって地盤に加えられた歪みを解消しようとしているのだ。もはや日本列島は千年ぶりの「大地変動の時代」が始まってしまっていて、今後の数十年は地震と噴火は止むことはないだろうというのが、われわれ専門家の見方なのである。

これに加えて、近い将来には、約6千万人を巻き込むと予想される激甚災害が控えている。首都直下地震、南海トラフ巨大地震、富士山をはじめとする活火山の噴火、などの自然災害が、いつ始まっても不思議ではないのだ。こうした大事なことを高校で学ぶ機会が激減してしまったことは、国民的損失と言っても過言ではない。

では、どうするか? 私の回答は「いまからでも決して遅くない」である。145年前の明治初期、福沢諭吉は『学問のすゝめ』を刊行した。すべての日本人が欧米の近代的思想を身につけ自覚ある市民として意識改革することを説いた名著であり、文章は平易にして情熱に満ち、全国民の10人に1人ほどが買ったという。

おもしろい教科書を作りたい

私の気持ちも、福沢と同じである。このほど上梓した『地学ノススメ』(講談社ブルーバックス)は、地震と噴火が続く日本でわれわれが生き延びるための入門書だ。英国の哲学者フランシス・ベーコンが説いた「知識は力なり」という言葉は、まさに現代日本に当てはまる。20年後に迫った「西日本大震災」から、知識の力で一人でも多くの命を救いたいのである。

もう一つ、本書の意図は、「おもしろくてためになる」ことだ。このフレーズは、戦前に雑誌『キング』『少年俱楽部』を出版した講談社の専売特許でもある。私も今回、そのノリで執筆し、文系読者が苦手な数式や化学式は一切使っていない。

10年前に講談社ブルーバックスから出した『富士山噴火』も、数式の代わりにわかりやすい図版と写真をふんだんに載せたのが好評で五刷になった。タメにはなっても面白く読めない理工書が世の中には多い。そもそも学校にユーウツな想い出しかないのは、教科書が確かにタメにはなるかもしれないが全然面白くなかったからとも言えよう。

ここを打破しようと、私は教室で真っ赤な革ジャンを着てマグマを語り、横書きの学術論文から縦書きの「新書」へと発信メディアを変えた。通例、大学の理系科目は数式が並んだ横書きの分厚い教科書を使うが、それでは初学者の興味をつなぐことは難しい。よって私は、あえて「新書」を教科書として選んだのだ。

結果は上々で、閑古鳥が鳴いていた講義は立ち見が出るまでになった。そして自称「科学の伝道師」―京大で教えるようになって今年で20年になるが「ヘンな教授」で押し通してきた、これまでの記録が、先の「情熱大陸」だった。

とはいえ私は何も、使命感に燃えているだけの地学者ではない。そもそも私が地学に惹き込まれたのは、25歳の駆け出し研究者のころ、地球の美しさに心底、感動したからだ。広々とした九州の火山で、風を感じ、土の匂いを嗅ぎ、大地を直接肌で受けとめながら、山をひたすら歩いた。

五感のすべてを使いながら地球の成り立ちに考えをめぐらすことには、何にも代え難い心地よさがあった。地学を一生続けていきたいと思った瞬間だ。今回の本には、そうした地学という学問そのものの魅力が伝わるエピソードも、たくさん盛り込んだ。

この本は、人類が3000年もかけて築き上げてきた、「教養」および「実学」としての地学の世界への招待状である。「大地変動の時代」に突入した日本で、しかしこよなく美しい自然に囲まれた日本で、これからも生きていこうと決心した、そのあなたに向けての。

読書人の雑誌「本」2017年3月号より