Photo by GettyImages
企業・経営 経済・財政
人材の草刈り場と化す東芝…最大の懸念は原発エンジニアの流出だ
福島第一の廃炉作業に不可欠

社長のメッセージが響かない

東芝が米国の原子力事業で7125億円にのぼる損失を明らかにした2月14日、予定より2時間以上遅れて記者会見を開く前に、綱川智社長は社員に向けてメッセージを読み上げていた。

社内に配布された速記録にしてざっとA4版2枚。原発事業で巨額の損失に陥った事実関係を述べたうえで、乗り越えなければならない2つの山として「期末の株主資本や純資産(の維持)」と「資本市場への復帰」を上げた。

そして締めくくりにこう述べた。

「東芝が築いてきた技術、品質、そしてお客様からの信頼は、(中略)皆さん個々人の情熱から生まれてきたものだと思います。東芝をつくっているのはそういう皆さん一人ひとりです。

皆さんには大変なご苦労をおかけしますが、今、心折れることなく、どの職場にあっても、商品・サービスに愛情と責任を持ち続けていただきたい」

綱川社長の必死の呼びかけも多くの社員には虚しく響いた。

巨額の損失を生み出し、今、東芝を危機に追い込んでいるのは、東芝の技術や品質の「失敗」ではない。言うならば「経営の失敗」が社員を明日をもしれぬ状況へと追いやっている。

当然、沈みかけた船からは逃げ出す社員たちが少しずつ増えている。

「A君は珍しく有給休暇をとっているけど、転職の面接に行っているのではないか」

職場ではそんな会話が小声で語られているという。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら