メディア・マスコミ

テレビはいつまで「勉強のできる優等生」をバカにし続けるのか

日本のゆがんだ逆学歴差別
前川 ヤスタカ プロフィール

不思議なことに日本では、この何十年もの間、なぜだか勉強できる子が色眼鏡で見られ、勉強ができることに罪悪感を覚えるような状況が存在します。

スポーツのできる子が、てらいもなくみんなの前で自慢し、周囲から一目置かれるのに対し、勉強のできる子は「自慢をすれば必要以上に嫌味ととられ、謙遜したらしたでそれも嫌味ととられる」という逃げ場のないシチュエーションに置かれがちです。

学業は学生の本分。それを頑張っているにもかかわらず、「勉強できても将来役に立たないぞ」「勉強できるのと頭がいいのは違うぞ」と聞き飽きた忠告をしてくる大人がたくさんいます。

テレビをつければ、勉強のできる優等生がゆがんだ嫌な奴として描かれ、ヤンキー上がりの先生から「勉強より大切なもの」を教わるステレオタイプなドラマが未だに残り、バラエティでは勉強ばかりしてきた東大生が恋愛下手として初めての合コンをさせられ、芸人に馬鹿にされています。

 

勉強できる子への偏見

拙著『勉強できる子卑屈化社会』では、勉強できる子が学生時代に経験するこのようなあるある話をきっかけとして、それが生み出された歴史的背景や、メディアにおける勉強できる子の扱いを振り返り、今後、どのような社会を目指すべきかまでを書きました。

タイトルだけ見ると「どうせ、美人が『美人もつらいのよ』と言いながら、延々自慢話をするように、学歴自慢とかする本なんでしょ」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

これまで多くの勉強できた子たちが心の中では思いながら決して表に出せず、溜め込んできたドロドロを恐る恐る白日のもとにさらした本だと思っていただければ。

Photo by iStock

本の中でも多くのページを割いていますが、一般社会における勉強できる子へのフィルターのかかった見られ方の背景として、メディアでの「勉強できる子」あるいは「勉強」の取り扱いの影響は決して小さくありません。

先述したようなドラマやバラエティでの悪意あるステレオタイプ描写だけでなく、「正月返上で白球を追う野球少年の汗は美しいとされる一方、必勝のハチマキをしめて正月返上で勉強する子は可哀想」というような印象も、テレビや雑誌が紋切り型に提供し続けてきたものです。

このような手垢のついたイメージはもう脱するべきだと思うのです。

メディアの作り手の方は「こういう人たちは悪者にしておいたほうがウケるよね」「東大生って使えないよね」「成人式って荒れるよね」「関西人ってつっこむよね」などという「世間ってこう思うはずだよね」の呪縛に何十年も縛られすぎています。