りゅうちぇる公式ブログより
エンタメ ライフ

「りゅうちぇる」という名のエンターテインメント

サブカル批判の雄が徹底解剖!

キャラを作っているのか?

最近、バラエティ番組で引く手あまたのりゅうちぇるさん。個性的なファッションとハイテンションな喋りが印象的な沖縄生まれで読者モデル出身のタレントです。

当初は彼女(現在は入籍)のぺこさんことモデルのオクヒラテツコさんと一緒に「バカップル」としてカップルで登場することが多く、モデルとして格上であったオクヒラさんのオマケ的にテレビ出演していることが多かったのですが、現在は単独での出演が多くなり、人気バラエティ・タレントの1人になりました。

りゅうちぇるさんと言って世間が思い出すのはフェミニンなキャラクターです。雑なおじさんたちにはいわゆるオネエ・キャラに認定されてしまいそうですが、彼はかわいいものが好きなだけで別にゲイと言うわけではありません。かわいいファッションを身につけ、かわいく喋っているだけです。その他にもおバカ・キャラという認知が一般的にあると思います。

 

エキセントリックなキャラクターを持つタレントさんに対しては「キャラをつくっている」という噂が囁かれがちです。りゅうちぇるさんに対しても、そういう話は出てきてます。テレビ番組でのお姉さんである比花知春さんの発言の一部、

「あんな甲高い声で喋ってなかった。あんなに派手ではなかった。ちぇるちぇるランド(りゅうちぇるさんが出身地として主張している地名)とか聞いたことがない」

という趣旨の部分を理由に「りゅうちぇるはキャラを作っている」と考えている人もいるでしょう。ただ、その真実について第三者が判断することは不可能です。それはなぜでしょうか?

photo by gettyimages

キャラ造りと言うと、人の注目を集めるために風変わりなキャラクターを演ずることのように思われるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。風変わりな個性や志向を持った人が世間との軋轢を避けて、穏便に生きていくために、極めて普通の人を装うというのもキャラ造りだと私は思っています。

世間に合わせて目立たない様に日常を過ごしていた人が、本来の自分を素直に出せる場に出会い、思う存分本来の姿を発揮している様子を、普段の「キャラをつくっている姿」しか知らない人が見たとしたら、どう思うでしょうか?

「普段は猫を被っていて本当はこういう人なのか」と思う人もいれば、「本当は地味な人間のくせにキャラをつくってハシャいでる」と思う人も当然現れます。