『騎士団長殺し』公式サイトより
エンタメ

村上春樹とラノベのあいだ 〜新作『騎士団長殺し』を楽しむ前に

今回はファンタジーなのか?

新作はファンタジー?

村上春樹の、4年ぶりとなる長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)が2月24日に発売された。発売前から重版がかかり、第1部と第2部を合わせた累計部数が130万部を突破したという。この「春樹フィーバー」ぶりも、おなじみの光景となった。

発売前には具体的なストーリーが公表されないのも、いつも通りだ。しかし今回の作品は題名にある「騎士団長」という言葉が、ストレートにファンタジックな印象を与えるのは間違いないだろう。

そう考えてみると、第1部と第2部に付けられた「顕れるイデア編」と「遷ろうメタファー編」というタイトルも、格調高いというより、ファンタジーもののアニメやゲームのような、奇妙にしゃちほこばった雰囲気も感じさせる。こなれた言い方をすれば「中二病」っぽい。

「いやしくも文学たる村上春樹について、アニメやゲームみたいとは何事か」と怒る人もいるかもしれない。しかし、もともと村上春樹の作品はファンタジックな要素が多い。

Photo by GettyImages

たとえば1994年、今回と同じく新潮社から第1・2・3部などの分冊で出版されて大ヒットした『ねじまき鳥クロニクル』。霊的な能力を持った姉妹と関係を持ったり、井戸の底に潜ることで精神世界へ旅立つというストーリーは、語られている内容だけを見ると、まるで『ドラゴンクエスト』などのゲームのようだ。

近年のベストセラーとして記憶に新しい『1Q84』(新潮社、2009-2010)も同様だ。

ふだんはスポーツインストラクターをしている暗殺者の女性が、謎の宗教団体をめぐる事件に巻き込まれるという設定は、荒唐無稽だと言ってもいいはずだ。小説の冒頭も、ある日突然に、現実世界と少し違った異世界に紛れ込んでしまうというSFチックなものだ。

つまり村上春樹は、あまり現実的な物語を書く作家ではない。

というと「現実を描いた作品もあるじゃないか」と思うかもしれない。たしかに、たとえば『ノルウェイの森』(講談社、1987)は学生運動が盛んだった60年代末の大学生活を描いたものだ。

しかし現実の社会を題材にした作品でも、しばしば村上春樹の作品は「現実味がない」と言われる。場合によっては、それは彼の作品の欠点であるかのように言われる。つまり村上春樹の文学は「現実を描けていない」、だから読むに値しない、という論調だ。

ただ、その批判には少し誤解がある。というのも村上春樹というのは、そもそも、「現実を描かない」ところを評価されてデビューした作家だからだ。

 

普遍的なテーマ

たとえば初期作品の傑作として知られる『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(新潮社、1985)が谷崎潤一郎賞を受賞した際、審査委員だった丸谷才一は次のように賞賛した。

明治以来八十年の日本文学の風土と訣別していて新しい。つまり、主人公が作者自身であるかのような錯覚を与えず、ナマの現実に立たず、汚したり不快感を与えるのが小説のカン所であるといった思い込みを廃している。(『読売新聞』1985年10月18日)

村上春樹の作品は「ナマの現実」を描かない。たとえ現実世界を舞台にした作品であっても、現実を描いてはいない、というわけだ。

丸谷才一は村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』(講談社、1979)が群像新人文学賞を受賞した際にも同様に「自在にそして巧妙にリアリズムから離れた」と高く評価していた。