〔PHOTO〕gettyimages
金融・投資・マーケット 企業・経営 不正・事件・犯罪

バブル期の野村證券で「一番稼いだ男」の告白

苛酷なノルマ、損失補填...全てを明かした

「失われた20年」の内幕を克明に記した

ノルマを達成できない社員には容赦なく鉄拳が飛び、ときには顧客に損をさせることがわかっていても、商品を買わせることがある。気づけば同期は一人また一人と姿を消し、残った者たちも次第に出社するのが嫌で仕方がなくなり、日曜の昼から酒を煽るようになる――。

これは、昨今話題のブラック企業の話ではない。70~80年代の証券会社の世界で当たり前に見られた光景だ。

パワハラという言葉などまだ影も形もなかった時代、証券の世界は戦場だった。「失われた20年」に至る金融業界の内幕を、トップ証券マンが描いた『野村證券 第2事業法人部』が発売された。

トヨタを上回る約5000億円もの経常利益を叩きだし、日本一儲けた会社だった野村證券。その黄金の日々を克明に描く(amazonはこちらから)

金融・証券業界では「バブルの時代を総括する、とんでもない本が出るらしい…」と発売前から話題になっていたこの一冊。著者の横尾宣政氏は、当時の証券界では知らないものはいないと言われたほどの人物だ。

1954年、兵庫県生まれ。1978年に京都大学経済学部を卒業し、「株にはまったく興味がなかった」にもかかわらず、父の勧めもあって野村證券に入社。金沢支店を皮切りに第2事業法人部、営業業務部運用企画課長、高崎支店長、新宿野村ビル支店長などを歴任。

その稼ぎぶりから「バブル期の野村證券で、一番稼いだ男」「コミッション(手数料収入)の亡者」と呼ばれた証券マンだったが、1998年に野村證券を退社、コンサルティング会社「GCI」を設立した。GCIではベンチャー企業の発掘や投資に携わっていたが、2011年に発覚したオリンパスの巨額粉飾決算事件における「指南役」として逮捕、起訴され、1・2審では有罪判決を受けた。

そんな横尾氏が、なぜ今、この本を著したのか。現在は最高裁に上告中という横尾氏に、執筆にかけた思いを聞いた。(取材/文・平井康章)

 

「一種の暴露本のように受け取られる方もいるかもしれませんが、それは違います。野村證券に恨みがあるわけではありません。厳しいながらも結果を出せば、若くても権限を与えてくれる極めて自由闊達な社風で育ったことは、いまでも誇りを持っています。

私がこの本を書こうと考えたのは、『オリンパス粉飾決算事件』の捜査やその後の裁判、つまりは日本の司法制度がいかに杜撰なものかを明らかにしたかったからです。しかし、一般の方にはこの事件について興味を持ってもらえないこともわかっていました。今の自分にあるものは何かを見直した時、私が20年近く務めた野村證券の話なら、金融・証券マンのみならず、多くの方の関心を呼ぶだろう、と……。

そこで、一人の証券マンが地獄へと転落する過程を赤裸々に綴り、追体験してもらうことで、この国の経済システムや司法制度の歪みを知ってもらおうと考えたのです」

バブル期の野村證券で「一番稼いだ男の告白」を、辿ってみよう――。