Photo by GettyImages
世界経済
トランプより習近平のほうがマシ!? ダボス会議で感じた「期待」
米国や欧州では頼りない……

著書『世界一の会議 ダボス会議の秘密』で知られざるダボス会議の実態を明かした齋藤ウィリアム浩幸氏(内閣府参与)が、イギリスのEU離脱、トランプ政権誕生で揺れるなか開催された今年のダボス会議についてレポートする。

主役になった習近平

2017年1月17日から20日まで行われたダボス会議(World Economic Forum Annual Meeting 2017:世界経済フォーラム2017年年次総会)のメインテーマは「迅速な責任あるリーダーシップ(Responsive and Responsible Leadership)」でした。

しかし主要国の政治リーダーの中で、大統領就任式を間近に控えたトランプ氏がダボスに来なかったのは当然として、EUのキーマンであるドイツのメルケル首相も欠席。直前にEUからの完全離脱を表明したイギリスのメイ首相は来ていましたが、元気がありませんでした。

また日本は国会と重なり、韓国はスキャンダルでそれどころではない。そんな中、今回の主役になったのは基調講演を行った中国の習近平主席でした。

〔PHOTO〕gettyimages

私は基調講演が始まる10分ほど前にメイン会場に着きましたが、すでに満席。そこでサブ会場に入ろうとしましたが、2会場あるサブの会場も満席で、結局、ロビーでiPadを通じて講演を見ることになりました。

10分前に来て基調講演の会場に入れず、さらにサブ会場にも入れなかったことは初めてです。

中国メディア、関係者が大挙して訪れたということもその理由のひとつですが、これほどダボス会議の出席者の注目を集めたのは、各国の中国に対する期待が高まっているからでしょう。私はそれを各国の参加者と話していて感じました。

トランプ政権誕生で、アメリカがどこに向かうかがまったく見えなくなりました。ヨーロッパもまた同じです。「Brexit(ブレグジット)」で揺れるイギリス、欧州統合を推進してきたドイツとフランスは今年、国政選挙を控え、どうなるかわかりません。

国際通貨基金(IMF)専務理事のクリスティーヌ・ラガルドさんと話をしたのですが、いまこそ、各国のリレーションシップが必要なときだけれど、これから各国のキーパーソンと関係性をつくり直さなくてはいけないと、かなりたいへんそう。

そんななかで習主席は、基調講演で中国が自由貿易を貫くことを宣言。トランプ新大統領が指向するとされる保護主義を批判しつつ、「私たちが世界のリーダーになる」というメッセージを世界中に送ったのです。

 

英語での通訳ではそれほど感じませんでしたが、中国語ではかなりストレートな表現を使っていたようです。

この習主席の講演に対して、「また中国のプロパガンダだ」と、いちばん冷ややかな眼で見ていたのは日本人だったかもしれません。いつもなら、世界経済フォーラムのシュワブ会長などから講演後、鋭い質問がありますが、それも今回はなし。かなり気を遣っているという印象を受けました。

一方、ダボス会議に出席した中国人がかなり誇らしげな様子だったのが印象的でした。またほかの国の参加者からも、中国の経済力に期待する言葉が聞かれました。

世界の国々、特に発展途上国は経済を引っ張るリーダーを求めています。アメリカやヨーロッパに期待できないとすれば、中国に期待が集まるのは当然かもしれません。だからこそ、習主席の堂々たる講演が歓迎されたのです。

先行き不透明な情勢で、みんな「ホープ」が欲しいのでしょう。中国への期待の高さから私はそんなことを感じました。