Photo by iStock
日本文化

外国人観光客を大量に受け入れて、日本はホントに大丈夫なのか

海外に対するわれわれの原初的な感情

ほんとうに歓迎していますか?

海外からの日本観光客数が増え続けているらしい。

2020年に向けて、ますます増やすとの国の方針であるという。

そういう話を聞くと、わたしはやや不安を感じてしまうのだが、しかし、あまりそれはふつうの感覚ではないらしい。

増えれば増えるほどいいことである、というのが報道側の姿勢でもある。

なぜ、そんなことになっているのか、私にはよくわからない。

* * *

日本国内を広く世界に開放して、国際的なステージにしていきたい、と言っているかのようである。

私には、そんな国民的合意が成立した記憶がない。

そもそも、英語会話ができる国民の割合が低い。日本国民も、国民総員で英語会話ができるようになろう、と考えているとはおもえない。自前の言葉でやっていきたいとおもっている。

そこは、いつも他人事だ。異国のことは、外つ国と言っていたむかしから、ずっと海の向こうの話であり、他人事でしかない。

その心情は変わらない。おそらく、日本列島の地形が変わらないかぎり、その心持ちが変わることはないだろう。(ウェゲナー的に列島が大陸とくっついてしまうことでもなければ、というような意味で言っている。)

外国人観光客の受け入れを押し進めている政策に違和感を感じるのは、このポイントにある。外国人が大勢やって来る状態を、日本人がほんとうに歓迎しているようには、私には見えない。

日本の同調圧力が意味するもの

われわれは、民族的同意事項をあまり言葉にしない。

おそらく数千年をかけて、そういう訓練をしてきた民族なのではないか、と私はおもっている。言葉にしなくても同時に動ける訓練を何千年とやってきたのだ。

何も言わずに、多くの人間がすっと同時に動けるというのは、かなりの訓練が必要である。集団の組成員もあまり入れ替えないほうがいい。いつのまにかそういう集団たろうとしていた、というのが私のぼんやり想像するこの民族の祖型イメージである。

 

こういう集団だから、自分の考えを表すのがヘタな人が多くなる。ディベートを得意な人たちは生み出さない。別の集団との交渉術に長けた人間は、別途に鍛えないと集団内からは生まれてこない。

しかし、集団行動の統一性は高い。緊急時にも個々人だけで行動しない。

これはこれで、いろんなメリットがある。そのことは言葉にされずにみなが感じており、広く共有している。(言葉にしない訓練なのだから、言葉ではあまり伝えられていない。)

訓練とは、日常生活での同調圧力に現れている。日々の繰り返しの訓練と犠牲のうえで、言葉にしないでも同時に行動できる人たちができあがっていく。それは何かの命令というよりも、この列島に住まいなす者の宿命のようなものなのだろう。

そういうシステムがこの列島で動物として生き延びていくために、とても大事だったのだろう、と想像するばかりである。

外の国とのやりとりは苦手である。外交分野に有能な人材を登用し、国のもっとも根幹にある仕事だと認識していた時期が、かなり短い。

いっぽうで、海外の文化や、海外の人をとても珍しがる。有り・難い、という意味で、ありがたがる。

ただ、珍しがるという行為は、海外の文化を深く理解しようという態度ではない。異文化との接触をもとに、自分たちの文化の特殊性を確認するという作業でしかない。

自分たち以外の文化もあることを知り、驚き、珍しがり、でも私たちにはこの文化がいいな、と確認する作業である。外出のあと「ああ、わが家が一番くつろげる」と言っているのと同じだ。