〔PHOTO〕gettyimages
メディア・マスコミ 国際・外交 世界経済 中国 アメリカ
「アメリカの混乱」が愉快でたまらない…中国のトランプ報道を読む
中国メディア、異例の大フィーバー!

久々の「自由に書けるネタ」

〈 特朗普(トランプ)が、メキシコとの「国境の壁」を築く大統領令に署名したが、施工業者の入札ではぜひ、中国企業を指名してほしいな。何たってわが国には、何百万人もの労働者を「雇用」して、万里の長城を7300㎞も建設した実績があるのだから 〉

〈 今度はイスラム教の7ヵ国の国民の入国禁止令を出して、大モメだな。いっそ国中にカジノを作って、高い「入国料」を取ったらどうだ? きっとアメリカが中国人だらけになって税収が増えるぞ 〉

アメリカでドナルド・トランプ政権が出帆してから、中国のインターネットやSNS上には連日、このような「特朗普」を評する様々な「声」が載っている。

中国メディアでも「特朗普」が報道されない日はない。これだけ中国メディアが、海外の一つのテーマで活況を呈したのは、習近平時代の4年余りで初めてではないだろうか?

習近平政権になってから、メディアへの統制は、胡錦濤政権時とは比較にならないほど厳格になり、いまからちょうど1年前には習近平総書記が、「全メディアが共産党の姓を名乗れ!」と大号令をかけた。この「党姓論」によって、中国メディアは意気消沈し、より一層、中国共産党の宣伝機関と化していった。

中国メディアの記者をしている私の知人たちも、会社を辞めるか、ニュース部門以外の部署に移るか、それとも唯々諾々と従って習近平&共産党の礼賛記事を報じ続けるかという三択を迫られて苦悩していた。

だが今回、まるでダムが決壊したかのように、中国メディアは「特朗普」報道を量産している。「特朗普」は、中国人記者たちが久々に、「自由に書いてよいネタ」となっているのだ。

その理由は第一に、春節(1月28日)の大型連休と重なったこともあって、党中央宣伝部から報道自粛の要請や報道の方向性に関する指示などが来ていないからだろう。

もう一つは、習近平政権や中国のインテリ層にとって、「アメリカの混乱と自壊」が、愉快でたまらないのである。

孫子の兵法によれば、「戦勝」は「次策」であり、「不戦勝」こそが「上策」である。軍事的にも経済的にも世界第二の大国にのし上がった中国にとって、世界最強国が混乱し、自壊していくのを眺めることほど「好ましい光景」はない。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら